TOPライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル ≫ 小島秀夫、ゲームに映画的手法を持ち込むも「こっちの世界にも浸食する」メタ表現を行う理由「ゲームのエリアをもう一歩広げる」

小島秀夫、ゲームに映画的手法を持ち込むも「こっちの世界にも浸食する」メタ表現を行う理由「ゲームのエリアをもう一歩広げる」

2017.07.26 (Wed)
2017年7月22日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル』(毎週土 22:00-24:00)にて、ゲームクリエイター・小島秀夫がゲスト出演し、ゲームに映画的手法を持ち込むも「こっちの世界にも浸食する」メタ表現を行う理由について語っていた。

ゲームデザイナー小島秀夫の視点
ゲームデザイナー小島秀夫の視点

MGSシリーズでの表現


宇多丸:三浦大知君っていう、シンガー・ダンサーの天才的な人なんですけど。彼が、基本的には洋ゲー好きみたいな子なんだけど、『メタルギア』も大好きで。

小島秀夫:ああ、はいはい。

宇多丸:2人で、もう『メタルギア』の…『メタルギア』って、やっぱり話をすると、色んなディテールのことで盛り上がってしまうんですよね。もちろん「ファン!」とか「プルンッ!」とか。

小島秀夫:はい。

宇多丸:「何だ箱か」っていう。

小島秀夫:ふふ(笑)

宇多丸:「何だ箱か」っていう、驚き方はないだろうっていう(笑)

小島秀夫:ああ(笑)「ビックリマークも、撃てる」っていう、一時機能なので。「プルンッ」って出たときに、パンッと撃つと、見つからないっていう。

宇多丸:あっ、ビックリマークを撃てば、見つからないっていう。

小島秀夫:そうなんです、消えるんです。

宇多丸:裏技があったりとか。

小島秀夫:そうです、消えるんです。まぁ、映画手法ではないですけど(笑)

宇多丸:いや、そこなんですよ。ちょっと、後ほどうかがいたいのは、実はその、映画的表現みたいのを持ち込まれた人というような表現を、小島さん凄いされますけど。

小島秀夫:はい、はい。

宇多丸:実は同時に、物凄いゲームゲームしたっていうか。

小島秀夫:そうですね。

映画的表現に留まらない「メタ表現」


小島秀夫:映画が大好きなんですけど、映画の手法は使いますけど、ゲームと映画は、全然違うものという認識なので、ゲームでしかできないことを、基本に作っている、と。

宇多丸:そうですよね。なんか、今時の映画的表現だとか、リアルだと言われる『コール オブ デューティ』とかなんですけど。

小島秀夫:はい、はい。

宇多丸:そこと比べると、一見世界観似ているのに、「絶対、このお笑い表現とか絶対やらないでしょ、だって」っていう。

小島秀夫:当時は、結構怒られましたよね(笑)

宇多丸:ああ、やっぱりそうですか。

小島秀夫:人が隠れて、緊張するシーンで、「何でそんなことすんの?やめてよ」っていうのがありましたけど。

宇多丸:ああ。

小島秀夫:やっぱり、「映画を作りたい」というのがありましたけど、ゲームで表現するのであれば、ゲームだからこそできることって、あると思うんですよ。

宇多丸:うん、うん。

小島秀夫:そこを注力しているので、映画とは違うんですよ。見え方は映画でも、やっぱりそこの体験というのは、ゲームからしか出てこない。

宇多丸:凄い、常にやっぱり僕、小島さんのゲームをプレイしていると、「お前は今、ゲームをしているんだぞ」っていう、ちょっとメタ視点的に常に気付かされる。要するに、悪く言えば「毎回冷めさせられる」というか。

小島秀夫:はっはっはっ(笑)

宇多丸:一方向の没入をさせない感じが面白いなと思って。

小島秀夫:はい。「パッケージの裏を見ろ」って、そこで怒られたんですよ。

宇多丸:はっはっはっ(笑)

小島秀夫:「せっかく世界に入っているのに、自分の日常に帰すのか、君は」みたいな。

宇多丸:「パッケージの裏を見ろ」とか。あと、それこそあれは『メタルギアソリッド』だったと思いますけど、色んな部屋の中を探索している時に、『ポリスノーツ』のポスターが貼ってあるんで、そのポスターの前で、ちょっと止まったことを多分、記憶しているんでしょうね、ゲームはね。

小島秀夫:はい。

宇多丸:あとで、「ポリスノーツが好きだろう」とか言われて。「えっ!?」って(笑)「そんなところ見てるの?」って(笑)

小島秀夫:あれはね、セーブデータを読んでるんですよ。

宇多丸:ああ、なるほど、なるほど。

小島秀夫:僕も、ゲームばかりやっていると、僕が出て来て「ありがとう」って(笑)

宇多丸:はっはっはっ(笑)

小島秀夫:「誰?今の人」みたいな(笑)

宇多丸:はっはっはっ(笑)これはやっぱり、もちろん「意識的に」ということでしょうけど。

小島秀夫:はい、そうですね。

「メタ表現」の効果


宇多丸:効果としては、どういうあたりを狙っていらっしゃるんですか?

小島秀夫:これは、海外では「第4の壁を越えた」とか、「デッドプール」みたいな言われてますけど。そういうのではなくて、ゲームって、リビングルームでモニターがあって、そこの前に座って、コントローラを持って、視覚の中だけの世界を楽しむというのがゲームという概念だったんだすけど。

宇多丸:はい。

小島秀夫:僕はその部屋を、もう一歩広げる、エリアを。

宇多丸:うん。

小島秀夫:「自分が買ってきたパッケージも、ゲームの世界である」という認識にしたかったので。

宇多丸:うん、うん。

小島秀夫:モニターの中で遊びつつ、ちょっとこう一歩引いてみたら、そこにヒントがあったりとか。そういうゲームでしかできないことをしたかったんですよね。

宇多丸:まさに、「ゲームコントローラをちょっと平なところに置いてみろ…ブブブッ、念力で動かす」とか。

小島秀夫:あれも、ソニーさんに説明しないと怒られるので。「床に置くな」って言われる(笑)「取説に書いてある」って(笑)

宇多丸:そうなんですか?平のところに。

小島秀夫:「連打した後にここにあててみろ…気持ちいいだろう」っていうのも、ソニーさんに説明に行きましたけど(笑)

宇多丸:コントローラーのポートを変えて、心を読まれるのを避けるとか、「何でこんなこと思いつくんだろう?」って。

小島秀夫:ふふ(笑)

宇多丸:何ですかね、僕はさっき、「冷める」っていう言い方しましたけど、その何と言うんですかね、ゲーム側から見返された感覚というか。これが「深遠から見返される」というかですね。「ドキッ」とするのが好きですね。

小島秀夫:映画とか小説って、こう誰かが作った世界を覗いているじゃないですか。こっちの世界に、自分はいるんで。

宇多丸:うん、うん。

小島秀夫:安全なんですけど、覗いていると思っていたら、こっちの世界にも侵食しているっていう。

プレイヤーを驚かせる試み


宇多丸:「ドキッ」感は、狙ってらっしゃる感じですか?

小島秀夫:そうですね。その感覚なんですよね。『スナッチャー』っていうゲームの時は、最初、主人公がロボットと一緒にこう廃工場に犯人を追い詰めて行ったら、途中から音のボリュームをソフト的に、全部下げているんですよ。

宇多丸:うん、うん。

小島秀夫:ほとんど、ゼロにしているんですよ。

宇多丸:はい、はい。

小島秀夫:そこで、「何かが聞こえます」っていうテキストが出て、「ボリュームを上げてください」って。「ボリュームとは、何ぞや?」と思うんですけど、まぁ、ハードの、パソコンのボリュームのことなんですよね。

宇多丸:はい、はい。

小島秀夫:それで、上げるかどうかはわかりません。僕の賭けです。上げると、何か聞こえてくるんですよ。今まで10だった音が、0になって、それを10にすると10で「カチカチカチカチ」と、音が聞こえる。

宇多丸:うん、うん。

小島秀夫:「時計の音が聞こえますね」って。それが、爆弾であって。「爆弾があるので、逃げましょう」って言ったところで、ドカーンッっていうアニメーションが起こった時に、元のボリュームに戻すんですよ。

宇多丸:ああ(笑)

小島秀夫:爆発音が鳴るわけですよね。それで、近所迷惑で怒られたっていう(笑)

宇多丸:はっはっはっ(笑)

小島秀夫:奥さんに内緒でゲームをやってた人とか(笑)

宇多丸:一種のイタズラですよね、完全に(笑)

小島秀夫:でも、それ引っかかるかどうかというところで。あと引っかかった人も、喜んでくれるというのが基本なんで。

宇多丸:「耳を澄ませる」っていう現実の感覚に近いことですもんね、ボリュームを上げるというのは。そしたら、ドーンッていう。

小島秀夫:ゲームの中の世界では、ボリュームを上げるというのはしないじゃないですか、そのハードのボリュームというのは、ゲームの世界とは違うので。でも、そこまで侵食していっているというか、そういうことができるのは、なかなか映画では無理なので。

宇多丸:はいはい、もちろんですよ。

小島秀夫:はい。

ゲームタイトルの出し方に「命かけてる」


宇多丸:ここがだから、面白いなぁと思いまして。小島さんと言えば、やっぱり本当に見ていれば、「もう、映画めちゃめちゃお好きなんだな」というのもあるし。あと、映画的演出でしびれる部分も。たとえば、タイトルが出る、ここで出るかとか。

小島秀夫:タイトルは、もう重要ですよね。

宇多丸:命かけてると思いますよ、毎回どこでどう出すかはね。

小島秀夫:ふふ(笑)

宇多丸:なんだけど、と同時に、これをやっぱりゲームゲームした感じをというのが、これ他の、洋ゲーとかで、好きなゲームもありますけど。絶対にない感覚だなと思って。このあたりが多分、海外でも面白がられたりするところで。

小島秀夫:そうなんです、最初は半分くらいの人が怒っていましたね(笑)

宇多丸:ふふ(笑)

世界中で浸透した『MGS』


宇多丸:やっぱり、そういうのは慣れないと、それはあるかもしれないですけど。今やでも、あれですか、小島さんのある種、作風として世界的にというか。

小島秀夫:それがないと、怒られたりします。

宇多丸:もはや逆に?さっきの驚いて、ビックリマークが出る時とかの音とか。それこそ、『シュガー・ラッシュ』とかでも、パロディで。

小島秀夫:はい、はい。出てました。

宇多丸:あれが『シュガー・ラッシュ』で出るということは、ディズニーの映画を見に行った人が、全員わかっているという前提なわけで。

小島秀夫:ああ、はい。

宇多丸:もはや、トレードマークですもんね。段ボールが出てこないと、やっぱり『メタルギア』怒られるとかあるでしょうね

小島秀夫:段ボール、そうですね。まああれは箱男ですね。

宇多丸:箱男、はい(笑)面白いと思います、凄く。


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 小島秀夫,三浦大知,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル
次の記事:小島秀夫、『メタルギアソリッド』は第一作目で「一発限りというつもりで作った」と告白「最後にしたかった」

前の記事:ねづっち、元相方・木曽さんちゅうとコンビ・Wコロンを解散した真相を告白「ナイツが仲悪いとTVで言っちゃって…」

本日の注目記事