TOPたまむすび ≫ カンニング竹山、吉田明世が夫の誕生日サプライズを「恐怖エピソード」にしてしまったことにダメ出し「大事なところを言ってない」

カンニング竹山、吉田明世が夫の誕生日サプライズを「恐怖エピソード」にしてしまったことにダメ出し「大事なところを言ってない」

2017.07.18 (Tue)
2017年7月17日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、お笑い芸人・カンニング竹山が、TBSアナウンサーの吉田明世が夫の誕生日サプライズのエピソードを「恐怖体験」にしてしまったことについて、ダメ出しを行っていた。

竹山ブートキャンプ! ザキヤマ&河本のイジリトレーニング
竹山ブートキャンプ!~ザキヤマ&河本のイジリトレーニング~ [DVD]

カンニング竹山:吉田さん、あれだね。今朝、話してたけど、この『たまむすび』で言った、吉田家の夫婦の…吉田さんの誕生日だったっけ?(カンニング竹山、吉田明世の誕生日を祝う夫の「廊下にロウソクを29本立てる」サプライズに率直な感想「気持ち悪い」)

吉田明世:はい、はい。

カンニング竹山:ロウソク並べて。

吉田明世:ロウソク29本並べたやつ。

カンニング竹山:そう。あれは3~4ヶ月前にここの場で、『たまむすび』生放送で言って、「何それ?」という話で。

吉田明世:そうですね。最初、『たまむすび』で話して。

カンニング竹山:そうだよね。それ言った後、全然盛り上がらないのにネットとか。

吉田明世:ネットニュースには、特にならなかったですね。

カンニング竹山:『サンジャポ』で言ったんでしょ?

吉田明世:はい、言いました。

カンニング竹山:凄いネットのニュースになったでしょ?

吉田明世:そうですね、記事にしていただいて。

カンニング竹山:うん。

吉田明世:夫には言わなかったんですよ。夫は、仕事で出ていて、『サンジャポ』見てなくて。ネットニュースになったと思ったので、夫が見ないことを祈ってたたんですけど。夫も、同僚からネット記事送られたみたいで。

カンニング竹山:分かるよ(笑)

吉田明世:結構、コメントも180件か190件かいただいたみたいなですけど。ディスられていたみたいで、夫が。

カンニング竹山:だから、世の中って面白いのは『たまむすび』で言った時は、そんなに話題にもならずに、どちらかと言うと評判良かったわけよ、リアクションも。

吉田明世:本当ですか?良いと思って良いですか?ありがとうございます。

カンニング竹山:吉田さんは面白い、吉田さんの旦那さんは可愛いみたいな。

吉田明世:ありがたいです。

カンニング竹山:良い話として流れていた。でも、『サンジャポ』で言ったら、ネット記事の書き方はわからないけど、その反応とか気持ち悪いとかそんなんでしょ。バカじゃない、とか。

吉田明世:「怖い」と。

カンニング竹山:「怖い」とくるわけでしょ。だから、そのへんが意外と分かりにくいというか、やりようというか。

吉田明世:はい。

カンニング竹山:だからと言って、『たまむすび』がネット記事にならないというわけじゃなくて、俺がいらんことを言ったりしたら、結構ネット記事なったりするじゃん。

吉田明世:なりますよね、『たまむすび』ももちろん。

カンニング竹山:だから、その伝え方なんだろうね、きっとね。ニュースサイトさんの。

吉田明世:そうですね、本当そうですね。私は怖いと思っていないんですけど、「ありがとう」と思っていたんですけど。ネットニュースの記事のタイトルは、「あのサプライズ怖い」になった体(てい)、私が怖いと言ったというふうにみられる記事のタイトルになっていたんですよ。

カンニング竹山:うん。

吉田明世:やっぱり、書き方によって読み手の印象って本当に変わってしまうんだな、と。

カンニング竹山:いや違うと思う。スタジオで他の出演者の方、「うわっ、怖い」って言ったんでしょ?

吉田明世:鈴木奈々ちゃんがいたので、「ええ?怖い」みたいな感じで盛り上げてくれたんですけど。

カンニング竹山:それを、ネット記事の人が見るから。

吉田明世:文字で読むと、みんながちょっとドン引きした、と。

カンニング竹山:ドン引きしたみたいになるわけよね。

吉田明世:改めてちょっと説明しますと、4月に私誕生日で29歳を迎えたんですけど、夫と食事をして 帰ってきたら夫が、「何か喜ばせたい」という思いで、玄関入った後にある廊下に、アルミホイルを敷いて、その上に仏壇用のロウソクを29本立てて、火をつけて奥で待ってくれていたんですね。

カンニング竹山:そうですね。ロウソクを立ててね。

吉田明世:そうです、そうです。ということを伝えしたらちょっと変わり者だとか。

カンニング竹山:あれは言わなかったの?「二人とも忙しくて時間がなくて、でも旦那さんは奥様のために何かサプライズを」って。

吉田明世:そこまで言えなかった。

カンニング竹山:それを言わなかったらダメよ。

吉田明世:やっぱり何かテレビで…

カンニング竹山:それがあるじゃん。

吉田明世:そうか、そうか。それを言わなかった私が悪かったのか。時間がないので。

カンニング竹山:ああ。

吉田明世:何かね、もうなるべく短くエピソードしないといけない、ということに追われて。

カンニング竹山:その大事なところを言っていないんだ。

吉田明世:言っていなかったです。

カンニング竹山:ラジオではそこがあったじゃん。

吉田明世:そうですね。

カンニング竹山:「二人とも働いている、時間がないけど何かサプライズしてあげたい」という旦那さんの気持ちで、食事をした後に家に入ろうと思ったら、「明世、ちょっと待ってて」って言われて、待っていたんでしょ?

吉田明世:それも言っていないんですよ。

カンニング竹山:ダメよ、それだったら怖い人よ。それは怖いよ。

吉田明世:そうか、だから…

カンニング竹山:当たり前じゃん、そんなの。

吉田明世:だから、あんなに引かれたんですね。

カンニング竹山:いきなり神棚のろうそくを、バーッと家に並べてあって。奥に旦那さんいて「おめでとう」って、それは怖いよ。

吉田明世:だから。

カンニング竹山:ネットは悪くないわ。

吉田明世:ただの変人というのを広めたみたいで、申し訳ないです(笑)


関連記事


明石家さんま、盛大なサプライズでプロポーズした夫婦は別れると指摘「1年後、8割が離婚してた」

爆笑問題・田中、山口もえがサプライズで準備していた父の日のことを事前に知ってしまう「ネットニュースになってた」

土田晃之、我が子の誕生日に上地雄輔から素敵なサプライズがあったと明かす「俺も、ああいう人間になりたい」

TMR西川貴教、男性が女性のためにサプライズ結婚式などを企画すべきではない理由語る「全然、女心が分かってないな」


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : カンニング竹山,吉田明世,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび

本日の注目記事