TOP土田晃之 日曜のへそ ≫ 土田晃之、サッカー選手を「ドブネズミ」とこき下ろす海外メディアに驚いた過去「サッカー選手って、大変だな」

土田晃之、サッカー選手を「ドブネズミ」とこき下ろす海外メディアに驚いた過去「サッカー選手って、大変だな」

2017.07.17 (Mon)
2017年7月16日放送のニッポン放送系のラジオ番組『土田晃之 日曜のへそ』(毎週日 12:00-14:00)にて、お笑い芸人・土田晃之が、サッカー選手を「ドブネズミ」とこき下ろす海外メディアに驚いた過去について語っていた。

納得させる話力
納得させる話力 (双葉文庫)

土田晃之:本田圭佑君がね、新天地でメキシコを選んだということですけど。「えっ!?」という感じの人が多いと思うんですよ。

「ヨーロッパじゃないんだ?」って。でも、メキシコって、実は凄くて。日本なんかだと、メキシコリーグとかって、なかなか見たりすることないと思うんですけど。

パチューカだっけ?移籍するんですけど。パチューカは、元々トヨタカップっていうね、今、トヨタクラブワールドカップっていうんだっけか。要は、世界No.1、ヨーロッパチャンピオンを決める大会で、アジアの大会があって。アジアチャンピオンズリーグがあって、その1位。各大陸の1位同士が戦っているのが、元々あったトヨタカップっていうやつなんですね。今、クラブワールドカップって言うんですけど。

そこに、北中米代表でよく出てきているのが、このパチューカだったので。「あ、これでトヨタカップ出れんじゃん」と思ったら、実際、今シーズン勝ってるのね、北中米。

だから、この12月に、今回は日本でやらないんですけれども、UAEで開催されるクラブワールドカップの方には出る、ということで。

また、パチューカの監督なんかもね、「今、誰やってんだ?」なんてね、さっき作家の(藤本)昌平さんが調べたら、ウーゴ・サンチェスがやってると…あ、前がウーゴ・サンチェスだったんだ。

かつてのメキシコの英雄ですよ。それこそ、スペインのレアルマドリードに行ってね点とりやで活躍したりなんかもして。86年のメキシコワールドカップね、自国開催の時に、「自国を優勝に導いてくれるのはウーゴ・サンチェスだ」なんて言われてね。

決勝トーナメントに確か行ったんですけど、途中で負けた時点でね、新聞に「ドブネズミ」って書かれるというね(笑)

「そんな書き方ある?」と思ってね(笑)「怖っ、海外って怖っ。サッカー選手って、大変だな」って、俺、中2の時に思った思い出がありますからね。


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 土田晃之,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  土田晃之 日曜のへそ

本日の注目記事