TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光、『路線バスの旅』新シリーズ開始で改めて気付かされた蛭子能収の「どうかしてる要素の凄さ」を語る

伊集院光、『路線バスの旅』新シリーズ開始で改めて気付かされた蛭子能収の「どうかしてる要素の凄さ」を語る

2017.07.11 (Tue)
2017年7月10日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、テレビ東京の番組『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』で、新シリーズとなる『ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z』を観て改めて気付かされた蛭子能収の「どうかしてる要素の凄さ」を語っていた。

伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1
伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1

伊集院光:バス旅、バス路線の旅(『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』)の新しい田中要次さんと、羽田圭介さん。芥川賞作家の羽田圭介さんのシリーズの特番があって。で、IMALUちゃんと行ったやつがあって。第三弾って言っていいか、二弾っていいか分からないけど、あって。

で、難しいなって思ったのは…観てて「面白いな」ってツイッターに書くと、「僕はこの辺住んでますけど、この先の路線は…」みたいなこと書いてくる人がいるんで、「もう、いい、いい」って思って。そのテレビの方観てて。

で、やっぱりみんななかなかさ、数字的にも、蛭子能収さんと太川陽介さんのやつは超えられないし。終わった後観ると、「蛭子さんと太川さんの方がよかった」みたいな人がいるんだけど。

それはそれかな。さらに、なかなか超えられない。特に、蛭子さんと太川さんのわりと初期から。私の前に座ってる、構成の渡辺君が電車マニアで、地理マニアでバスも好きだから。構成の渡辺君がわりと早くから観てたせいで、俺もわりと早めに観てて。

途中、どんどん面白くなってく、上り調子のときになかなか勝てないよね。もう、めちゃくちゃだったもんね。蛭子さんのどうかしてる要素、凄かったもんな。

だってさ、今回わりと、「ここがこの人のミス」みたいな。これ、一応地方とかでまだ放送されてないところがあるから、結果は避けるわ。結果言って怒られたこともあるから、一応、今日は冷静なんで結果避けるけど。

「あそこのあのミスがこうで」とか、「もっとこうした方がいい」ってことは、リアルタイムでネットでは盛り上がってるらしいんだけど。蛭子さんなんか普通に、「寒いからパチンコ屋入る」って、パチンコ屋入ってバス乗り遅れるとかあったからね(笑)

あと、「明日からスタートだから、白髪染めをして臨む」って、ビジネスホテルで白髪染めしてるけど、思いっきりその後ろのところに、「この流し台で白髪染めしないでください」って映ってて。再放送からバッツリ切られてたりとか。

あと、蛭子さんで一番好きだったのは、竜飛岬だっけ。竜飛岬まで結構難しいコースだったのを、なんとかクリアして、竜飛岬のバス停について、「よかった、よかった」ってみんなで喜びあったのに、太川陽介さんとゲストの人が「これから、竜飛岬の景色を見に行こうよ」って。「バス停から歩いて、灯台まで行こうよ」って言ったら、「それは違う」って(笑)「バス停まで行くやつだから、もう疲れたからヤダ」って。スゲェなって(笑)

蛭子さんと太川さんが頑張っちゃったから、あの番組の視聴率も凄い上がったし。


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 伊集院光,蛭子能収,路線バスの旅,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

本日の注目記事