TOP土田晃之 日曜のへそ ≫ 土田晃之、イチローの「日米通算安打4千本超え」の記録にケチをつける人々に反論「年間の試合数が日本の方が少ない」

土田晃之、イチローの「日米通算安打4千本超え」の記録にケチをつける人々に反論「年間の試合数が日本の方が少ない」

2017.07.10 (Mon)
2017年7月9日放送のニッポン放送系のラジオ番組『土田晃之 日曜のへそ』(毎週日 12:00-14:00)にて、お笑い芸人・土田晃之が、マイアミ・マーリンズ イチロー選手の「日米通算安打4千本超え」の記録にケチをつける人々に、「年間の試合数が日本の方が少ない」と反論を行っていた。

納得させる話力
納得させる話力 (双葉文庫)

土田晃之:イチローがですね、安打米国外出身歴代1位ということで。アメリカ以外の出身の選手で、1位になったということですね。

これはですね、ベースボールチャンネルの記事によりますと、マイアミ・マーリンズのイチロー外野手が6日、日本時間の7日ですね、敵地で行われたセントルイス・カージナルス戦で、7番で先発出場。

2回表にヒットを打って、メジャーリーグ・ベースボールの通算3053安打として歴代24位のロッド・カルーに並ぶ記録を出した。さらに、8回表にこの日2安打目を打ったので、通算3054安打として歴代単独24位へ上った、というんですけど。

これは、アメリカでのヒット数ですもんね。だから、もしイチローが…まぁ、たらればの話であれですけど。もっと早くにアメリカメジャーリーグに挑戦していたら、この人何位の安打の記録を持つことになったんですかね。

本当、4,000本あったかもしれないですよね。出場、試合数自体がもう日本より多いですもんね、年間。日米通算4,000本越えているでしょ。

だから、必ず言うじゃないですか。「これはアメリカの記録であって、日本のヒット数なんて関係ない」っていうことを、向こうの人は言うけれども。「じゃあ、お前らも日本に来てやってみ?」みたいな。「意外に打てないかもしれないよ」みたいなことだったりするからね。

年間の試合数が、全然日本のほうが少ないっていうことだからね、それだけヒットの数を打つのは大変だったりするわけですからね。


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 土田晃之,イチロー,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  土田晃之 日曜のへそ

本日の注目記事