TOPオレたちゴチャ・まぜっ! ≫ ノブコブ吉村、ダイノジ大地がドラマのオーディションで監督に激怒されたと暴露「ふざけるんだったら、出てってくれ!」

ノブコブ吉村、ダイノジ大地がドラマのオーディションで監督に激怒されたと暴露「ふざけるんだったら、出てってくれ!」

2017.07.09 (Sun)
2017年7月8日放送のMBSラジオのラジオ番組『オレたちゴチャ・まぜっ!~集まれヤンヤン~』(毎週土 26:00-28:45)にて、お笑いコンビ・平成ノブシコブシの吉村崇が、ダイノジ・大地洋輔がドラマのオーディションで監督に激怒されたと暴露していた。

平成ノブシコブシ 初・単独ライブDVD 御コント 今宵の主役はどっちだ
平成ノブシコブシ 初・単独ライブDVD 御コント ~今宵の主役はどっちだ~

吉村崇:(ダイノジ)大地さんがこの前、「ドラマのオーディションがある」って言われて、何人かで行ったんですって。

加藤浩次:ああ、そういうのたまにあるよね。

吉村崇:はい、たまにあるんですけど。ただ、これ吉本のシステムがあんまりうまくいってなくて、連携が。

加藤浩次:うん。

吉村崇:もう、本当に数時間前に台本を渡されたんですよ。

加藤浩次:ああ、マネージャーがちょっとダメで?

吉村崇:はい、本来だったら前日とかちょっと前に渡されて、入れていくはずなんですけど、大地さんもちょっと忙しい中、それを渡されて、あんまりセリフ入ってない状態で。

加藤浩次:うん、でも「急遽」みたいなこともあるから。そういうオーディションも多分、あるだろうね。「こういう奴、必要なんだ」って現場が言い出したら、「急遽、集めて。オーディションやりたいから」っていうのは、あると思うよ。

吉村崇:あるんですね。でも、大地さんはそれ知らなくて、焦っちゃって。

加藤浩次:うん。

吉村崇:後輩も何人かいて。オーディションの設定が、学校なんですって。教室がセットであって。

加藤浩次:うん。ああ、オーディション会場にイスとか机が並んでる、と。

吉村崇:それで、黒板もあるんですって。それで、生徒も何人かいてって、結構、大きめなオーディションで。

加藤浩次:もう、リアルな現場を作ってるんだ?

吉村崇:現場を作ってるんです。それで、大地さんは先生役だったんです。

加藤浩次:うん。

吉村崇:で、生徒にビシッと言うような役だったんですけど。まず、最初に黒板に大きく「理念」って書いて、スタートするんですよ。

加藤浩次:うん。

吉村崇:そこからオーディションがスタートするんですけど。

加藤浩次:「理念」って書くのは、台本にあんのね?

吉村崇:台本にあります。黒板に大きく「理念」って書くんですけど、もう大地さんがセリフ入ってないですし、テンパってますから、まず「理念」って漢字が出てこないんですって(笑)

加藤浩次:はっはっはっ(笑)

吉村崇:全然書けないんですよ(笑)「理念」って漢字が。

加藤浩次:思い出せなくなっちゃったんだな(笑)

吉村崇:思い出せなくなって、なんとかしないとって思って、「ひらがなでいこう」と。

加藤浩次:うん。

吉村崇:で、書いたんですけど、「りぬん」って書いちゃって(笑)

有野晋哉:噛んだ?(笑)

吉村崇:噛んだんですよ(笑)

有野晋哉:筆噛んだ?(笑)

加藤浩次:筆噛みね(笑)

吉村崇:筆噛みで、「ふざけんだったら、出てってくれ!」って監督に怒られて(笑)

加藤浩次:はっはっはっ(笑)

吉村崇:大地さんは、もう本当に傷ついてる状況らしいですよ(笑)

加藤浩次:それは監督、怒るわな(笑)だって、ボケだと思うもんな。

吉村崇:はい。芸人だし。

加藤浩次:そう、芸人が荒らしにきた感じでしょ。

吉村崇:はい。

加藤浩次:真剣なドラマの現場のオーディションを、芸人が荒らしにきた、一番やっちゃいけないやつ(笑)

吉村崇:一番やっちゃいけない(笑)

有野晋哉:そんな先生いらんのに(笑)

吉村崇:要らないですよ。トップバッターですから、そこからオーディション始まるわけですよ。でも、大地さんは何も出てこなくなっちゃって(笑)


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 平成ノブシコブシ,吉村崇,ダイノジ,大地洋輔,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  オレたちゴチャ・まぜっ!

本日の注目記事