TOPたまむすび ≫ カンニング竹山、入り浸っていたゲームセンターで「ミリオンダラーマン」と呼ばれていたと告白

カンニング竹山、入り浸っていたゲームセンターで「ミリオンダラーマン」と呼ばれていたと告白

2017.07.05 (Wed)
2017年7月3日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、お笑い芸人・カンニング竹山が入り浸っていたゲームセンターで、「ミリオンダラーマン」と呼ばれていたと告白していた。

カンニング竹山 単独ライブ「放送禁止2015」
カンニング竹山 単独ライブ「放送禁止2015」 [DVD]


カンニング竹山:今、ゲーセンって結構年配の方がいるんでしょ?

吉田明世:そう、ご高齢の方。しかも、メダルゲームって、結構人気ですよね。

カンニング竹山:パチンコやるより。パチンコやると、お金要るじゃん。メダルゲームは、そこまで投資しないでも。

吉田明世:そうなんですね。

カンニング竹山:時間を潰せると、夢中でやるんですよ。

吉田明世:私も、一時期アプリでメダルゲーム、ずっとやってました。

カンニング竹山:ああ、でも、メダルゲームに関しては俺には勝てないよ。

吉田明世:そうですか?

カンニング竹山:俺は、20代の頃、昼間大体、ずっと中野のゲーセンにいたんだから。

吉田明世:メダルゲームをやってたんですか?

カンニング竹山:そうだよ。結局、金もないからね、時間を潰さないといけない。

吉田明世:へぇ。ゲームセンターでは、やったことがないんですけど。あれは、メダルをいっぱいもらったら、何に換えられるんですか?

カンニング竹山:何も換えられないよ。

吉田明世:換えられない?

カンニング竹山:換金ではないから。メダルをいっぱいもらったら、時間がなくなったら、1回メダル預けるんですよ。

吉田明世:はい。

カンニング竹山:それで、ゲームセンターで俺は、何って呼ばれたか分かります?

吉田明世:何ですか?

カンニング竹山:「ミリオンダラーマン」って呼ばれてた。

吉田明世:はっはっはっ(笑)現実であって欲しい、メダルではなく。

カンニング竹山:凄いよ、本気だから。

吉田明世:それで、「ミリオンダラーマンです」と言ったら、またメダル持ってきてくれるんですか?

カンニング竹山:そう、そう。

吉田明世:へえ、貯めておけるんですね、ゲームセンターに。

カンニング竹山:だって大量に出てくるからね、ボーナスとかで。


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : カンニング竹山,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび

本日の注目記事