TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光、普段は服を着て街で暮らす「ビジネス部族」の人々が「仕事だから服を脱ぐ」ことに言及「アキラ100%と同じ」

伊集院光、普段は服を着て街で暮らす「ビジネス部族」の人々が「仕事だから服を脱ぐ」ことに言及「アキラ100%と同じ」

2017.07.04 (Tue)
2017年7月3日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、テレビ朝日系の番組『陸海空 こんな時間に地球征服するなんて』の企画「部族アース」に登場した、普段は街で暮らして、テレビクルーなどの前だけで演じる「観光部族」「ビジネス部族」について、「仕事だから服を脱ぐ…アキラ100%と同じ」などと語っていた。

伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1
伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1

伊集院光:商業部族、「観光部族」って言い方でいいのかな。ビジネスの人たちは、もう決まってんの。

来たらウェルカムで始まって、みんなで囲んで「仲間だ、仲間だ」って。「それではまずは、アナコンダの踊りでございやす」って、アナコンダの踊りをやりの、「続きましては、イノシシの踊りでございやす」って、イノシシの踊りをやって。

最終的には、「とてもお客さんがいいんで、アレやっちゃいましょうか?…豚の踊りでございます」って、この完全なパッケージなわけ。完全パッケージで、でいて終わったら「それじゃ、せっかくだから記念撮影しちゃいましょうか?」みたいなのになって、その後はやたらに民芸品を売りつけてくるわけ。

それ、民芸品を買えば買うほど、「これも買え、あれも買え」ってなってきて。で、それが別の集落に行ったと思ったら、そこでも同じ人が、同じ順番で、同じものを売りつけてくる感じで。

それって、凄いなって思ったっていうか、「新しいな」って思ったのは、今度、交渉してビジネス部族の人たちが、服を着て「家に帰ったところも撮らせてくれ」って(笑)それ、斬新だなって思って(笑)

そうすると、その人たちはその人たちで、服は着ているものの、ナマケモノを狩って食ったりしてんのよ。それはそれで、俺らから比べたら、凄い野生な暮らしはしてたりするんだ。

で、それなりにその部分をとると…ちょっと面白いのは、「仕事だから服を脱ぐ」って感じ(笑)普通は、ショータイムだから衣装を着るじゃなくて、「仕事だから服を脱ぐ」っていう。だから、アキラ100%とほぼ同じ(笑)オフは服を着てるけども、仕事の場合は、服を脱ぐ、みたいな感じで。


同番組の記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 伊集院光,部族アース,ナスD,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

本日の注目記事