TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光、藤井聡太四段ブームで雑誌『将棋世界』が入手しにくくなってると明かす「ミーハーな人が買っちゃってるのか」

伊集院光、藤井聡太四段ブームで雑誌『将棋世界』が入手しにくくなってると明かす「ミーハーな人が買っちゃってるのか」

2017.07.04 (Tue)
2017年7月3日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、藤井聡太四段のブームで、雑誌『将棋世界』が入手しにくくなっていると明かしていた。

伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1
伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1

伊集院光:藤井四段の波及効果が、初めて構成の渡辺君がお父さんから業界がらみの頼み事っていうか。渡辺家は、放送作家っていう仕事を、職業と認めてないっていう件があって。

もう、何年も前ですかね。随分、前になりますね。ヘタすりゃ20年近く前ですけど、渡辺君のお母さんに「今後、渡辺君に望むものは?」っていうのを訊いたら、「就職して欲しい」と(笑)

これを就職だと思ってないっていうね(笑)まさか、その放送作家の担当のパーソナリティにそう言うと思わないじゃんか。常識のある人が(笑)

「早く、職業を見つけて欲しい」っていう。「自分の夢を見つけて欲しい」っていう。今も、恐らく仕事をしてるっていうよりは、「健康ならば」っていう感じで見てる。そういうご両親のお父さんが、「お前は、そういう出版とか放送関連の仕事をしてるんだろ?なんとか、お前のコネクションを使って、将棋世界の7月号と8月号が手に入らないか?」っていう。

将棋世界 2017年7月号
将棋世界 2017年7月号

将棋世界 2017年8月号
将棋世界 2017年8月号

構成の渡辺君のお父さんは、元々、将棋が好きで。大好きで。将棋を中心に新聞も選ぶし。毎日新聞が名人戦を主催して、その棋譜を載せてるから、毎日新聞っていう。将棋が中心に物事が動いてる人で。

将棋世界も毎月買ってるんだけど、7月号あたりから、どうやらこの藤井四段のブームのせいか、全然近所で買えない。本屋何件回っても買えない状況になってるから。どうにか…

お前のお父さん、「伊集院とか、爆笑問題とかと一緒に仕事してるわけだろ?なんとか、将棋世界7月号、8月号を手に入れろ」ってことなんですけど。今まで、別にお前のお父さんに「安室奈美恵のコンサートのチケットとってくれ」って言われたこと一度もないからね。

なのにも関わらず、相当困ってるって。聞けば、「今月号は特に居飛車・穴熊特集があるにも関わらず、それが見れない」と(笑)「居飛車・穴熊」が意味が分からないから。俺ら、「イビシャ」で分かるの、「オシム」までだもんね(笑)「居飛車・穴熊特集があるから」って言われて。

「居飛車・穴熊でこられたときに、こられた相手は、どういう対応をしてるのか」を、45ページに渡って大特集らしいんだよ(笑)それが見たくてしょうがないにも関わらずっていう。藤井四段の戦いも含めて、色んな棋譜が載ってて、それを見たいらしいんだけど、全然買えないような状況で。

ミーハーな人が買っちゃってるのかね、そういうことで言うと。


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 伊集院光,藤井聡太,将棋世界,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

本日の注目記事