TOPヤングタウン土曜日 ≫ 明石家さんま、田中れいながソロになってモー娘。時代とのあまりの待遇の違いに「絶望した」との告白に驚く

明石家さんま、田中れいながソロになってモー娘。時代とのあまりの待遇の違いに「絶望した」との告白に驚く

2017.07.02 (Sun)
2017年7月1日放送のMBS放送のラジオ番組『ヤングタウン土曜日』(毎週土 22:00-23:30)にて、明石家さんまが、元モーニング娘。メンバーの田中れいながソロとなり、モー娘。時代とのあまりの待遇の違いに「絶望した」との告白に驚いていた。

さんまのまんま 永遠のスター編 BOX1
さんまのまんま ~永遠のスター編~ BOX1[DVD]

田中れいな:れいなが卒業して感じたことは、やっぱりモーニング娘の現場って、凄い恵まれとうけん。

工藤遥:うん。

田中れいな:「たくさんの大人に、よくしてもらいよったなぁ」って(笑)

明石家さんま:はっはっはっ(笑)モーニング娘の時はな(笑)

田中れいな:そうなんですよ(笑)ケータリングがあったりとか。

明石家さんま:はっはっはっ(笑)

田中れいな:袖にストローささったペットボトルあるの、当たり前やん。そういうの、当たり前じゃないけん。

明石家さんま:ああ、今な。

田中れいな:そうです、そうです。舞台の時とか、自分でお水用意したりとか。せないかんやったけん、「これが現実か」って思ったのが一番。

明石家さんま:そうやな。分かる、分かる。だから、俺の楽屋にね、スタッフとか色んなお菓子とか用意してくれる。他の楽屋はない。「さんまさんだけですよ」とか。「こんな楽屋に色んなものを用意してくれてるのは」って、立場上な。

田中れいな:うん。

明石家さんま:「モー娘。」って看板で、お前ら甘やかされてるっていうか。田中はそれを知ったのか、ソロになって。

田中れいな:それを知って、「自分でなんでもできるようにならんといかんっちゃね」って、そっから思って。ちょっとずつ身につけるようにしたけど。やっぱり、それに慣れなくて。

明石家さんま:ああ。小さい時からずっとそれできてんねんもんな。

田中れいな:絶望しました、一回辞めて。

明石家さんま:はっはっはっ(笑)絶望までした?そこまで行った?(笑)

飯窪春菜:ふふ(笑)

明石家さんま:楽屋のものが違うので、絶望したん?(笑)

田中れいな:したんですよ(笑)「うわぁ、れいなここまで行ってしまったのか」って。

明石家さんま:まぁ、普通やけどな、そっちが。だから、「モーニング娘。」っていう看板が大きいんだ?

田中れいな:そうなんです。辞めてからすぐに頑張らんと、本当にどんどん落ちていく一方やけん。

工藤遥:頑張ります(笑)

明石家さんま:そのうち、絶望すんねんで(笑)恐ろしいで。俺も経験ないもん、絶望って(笑)


同番組の記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 明石家さんま,田中れいな,モーニング娘。,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ヤングタウン土曜日

本日の注目記事