TOPヤングタウン土曜日 ≫ 明石家さんま、ピース綾部がアメリカに「アーティスト」で入国するため申請書類作りに苦労中だと明かす「A4用紙300枚くらい」

明石家さんま、ピース綾部がアメリカに「アーティスト」で入国するため申請書類作りに苦労中だと明かす「A4用紙300枚くらい」

2017.07.02 (Sun)
2017年7月1日放送のMBS放送のラジオ番組『ヤングタウン土曜日』(毎週土 22:00-23:30)にて、明石家さんまが、ピースの綾部祐二がアメリカに「アーティスト」で入国するため申請書類作りに苦労中だと明かしていた。

さんまのまんま 永遠のスター編 BOX1
さんまのまんま ~永遠のスター編~ BOX1[DVD]

明石家さんま:昨日も、ピースとノブコブとハライチと俺で、「寺子屋の会」っていうのがあるんですけど。

工藤遥:はい。

明石家さんま:そいつらが、誕生日会をしてくれて。

飯窪春菜:うん。

明石家さんま:それで、店も何もかも俺が予約せなアカンねんけど。

飯窪春菜:え?そうなんですか?(笑)

村上ショージ:意味が分かれへん。

明石家さんま:アイツら、誕生日プレゼント買ってくるだけやねんけど(笑)あと、全部、俺が面倒みなアカンねんけど。その誕生日会、物凄い損すんねん、俺。

村上ショージ:ふふ(笑)

工藤遥:誕生日なのに(笑)

明石家さんま:誕生日プレゼントは毎年、珍しい靴を買ってきてくれよんねん。

村上ショージ:へぇ。

明石家さんま:今、綾部が帰ってきて、また行くんですけど。色々、手続きとか、大変みたいで。

工藤遥:へぇ。

明石家さんま:アメリカで、やっとこさ住むところとか、探してきた。一回、帰ってきて、またここから手続き。

飯窪春菜:へぇ。

明石家さんま:なかなか、向こうの許可が下りないらしい。寿司屋職人なら、下りやすいねんけど。長年いてもいいビザね。

村上ショージ:うん。

明石家さんま:「アーティスト」で行ってるやんか。ほんなら、今までどれだけ活躍したか、どんなことがあったのか、A4の用紙300枚くらい、持っていかなアカンねん、大使館に。

工藤遥:へぇ。

明石家さんま:そこでアメリカが見て、OKならOK、ダメならダメで。

村上ショージ:うん。

工藤遥:うわぁ、厳しい。

明石家さんま:だから、学生ビザで行くのか、なんで行くのか色々やねんけど。学生なら、学校行かなアカンしな。

工藤遥:そうですね。

明石家さんま:植木職人か、寿司屋が入りやすいらしいねん、アメリカにな。

飯窪春菜:へぇ。

明石家さんま:ほんで、トランプになって、また厳しくなったらしく。

飯窪春菜:うん。

明石家さんま:ほんで、色々書かなアカンねん。要するに、「熟女ブームを作った」って。

村上ショージ:そんなんで入れてくれまっかい。

明石家さんま:書かなアカンねんて(笑)

村上ショージ:なんなんですか、それ。

明石家さんま:「熟女」って言葉はあったけど、熟女ブームっていうのは、やっぱり綾部やねんな。世間に「熟女、熟女」って言ってんのは、綾部らしいねん。きっかけな。

工藤遥:はい。

明石家さんま:熟女ブームを作った本人で。

村上ショージ:全部書かなアカンのですか?

明石家さんま:全部、書かなアカンねん。「熟女の女性とスキャンダルを起こし」とか。

村上ショージ:ああ。女将さんと(笑)

飯窪春菜:プライバシーもなにもない(笑)

明石家さんま:なんか書かなアカンねんって。細かいことまで。

飯窪春菜:ああ。

明石家さんま:こうして暮らしてきて、こうして芸人になって。日本のトップスターのさんまと共演してるとか。そんなんもビッシリ書いて、やっと提出してそれを見て、「はい、どうぞ」とか。結構、大変らしい。

飯窪春菜:そうなんだ。

明石家さんま:アーティストで入国しようとしたら。

飯窪春菜:へぇ。

明石家さんま:今は、向こう行ったら、外人としか喋らないらしいねん。早く英語を覚えようと思って。日本人、近づけてないらしいねんけどもやな。

村上ショージ:でも、帰ってきてずっとさんまさんと喋ってるんでしょ?

明石家さんま:昨日、ベラベラ喋ってた(笑)

村上ショージ:あんまり英語、身につけへんと思う(笑)

明石家さんま:つく、向こう行ったらつくよ(笑)住んだらつくよ。お前らみたいに、外人に「ハーイ!」って言いたいだけの男たちと違うからな(笑)


同番組の記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 明石家さんま,ピース,綾部祐二,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ヤングタウン土曜日

本日の注目記事