TOPたまむすび ≫ カンニング竹山、勝俣州和が『たまむすび』をきっかけに本を出版することになって驚く「俺、3年やってるけど一回もない」

カンニング竹山、勝俣州和が『たまむすび』をきっかけに本を出版することになって驚く「俺、3年やってるけど一回もない」

2017.06.27 (Tue)
2017年6月26日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、お笑い芸人・カンニング竹山が、タレント・勝俣州和が同番組に出演したことで、本を出版することになって驚いていた。

カンニング竹山 単独ライブ「放送禁止2015」
カンニング竹山 単独ライブ「放送禁止2015」 [DVD]

カンニング竹山:昨日、「ラジオって凄いな」と思ったことがあって。

吉田明世:はい。

カンニング竹山:まだ、吉田さんになる前かな。赤江さんとまだやっている時に、一回、勝俣さんがゲストに来たくれて。

吉田明世:はい。

カンニング竹山:それを聴いたね、角川の編集者の人が、それを聴いてたんだって。

吉田明世:はい。

カンニング竹山:それで、「勝俣さん、素敵だなぁ」と思って。「ウチで、本出さないかな?」って思って。

吉田明世:へぇ。

カンニング竹山:それで、話をして。勝俣さんが、ずーっといろいろ書きとめてるノートがあるんだって。

吉田明世:はい。

カンニング竹山:色んな良い言葉とか、教えてもらったこととか。『たまむすび』を聴いたことをきっかけに、「本出しませんか?」って言って、『やさしくなるとうまくいく』っていう本を出したんですよ。

やさしくなるとうまくいく ノートに書きとめてきた教えと言葉
やさしくなるとうまくいく ノートに書きとめてきた教えと言葉

吉田明世:へぇ。

カンニング竹山:で、昨日『アッコにおまかせ』でそれ宣伝してて。「何っすか?この本」「いや、これ竹山君さ、たまむすびに出してもらって、それで連絡が来たのよ。『たまむすび聴いてたんですけど、本出しませんか?』って」と。

吉田明世:うわ、『たまむすび』がきっかけだったんですね。

カンニング竹山:そう。「何すか?それ」って。「俺、だって3年くらいやってるけど、1回もないよ」って。

吉田明世:はっはっはっ(笑)去年の2月みたいですね。

カンニング竹山:去年の2月。

吉田明世:はい、いらっしゃったのが。

カンニング竹山:それをきっかけで、勝俣さんは本出すことになったっていう。

吉田明世:へぇ。

カンニング竹山:だからやっぱり、色んな方が聴いてくださってるんだなっていう。

吉田明世:そうですね。でも、やっぱり芸能人の方は、そういうチャンスを逃さないですね。ゲストに出たところで、また次につなげる力って。

カンニング竹山:いや、だから勝俣さんは、確かに俺も薄ら覚えなんだけど、良い話してくれましたね。いつも飲んでいる時に話すような、「こんな話あるよ」みたいな。それが、いたく感動したんじゃない?

吉田明世:ちょっと読んでみたいですね。

カンニング竹山:いや、もう売っているよ、今。

吉田明世:買ってみます。


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : カンニング竹山,勝俣州和,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび

本日の注目記事