TOPたまむすび ≫ 博多大吉、元マネージャーの曽志崎氏が「ロケ弁専門の弁当屋」プロデュースを始めたと明かす「結婚して吉本を辞めて」

博多大吉、元マネージャーの曽志崎氏が「ロケ弁専門の弁当屋」プロデュースを始めたと明かす「結婚して吉本を辞めて」

2017.06.23 (Fri)
2017年6月21日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、お笑いコンビ 博多華丸・大吉の博多大吉が、元マネージャーの曽志崎氏が「ロケ弁専門の弁当屋」プロデュースを始めたと明かしていた。

博多華丸・大吉式ハカタ語会話
博多華丸・大吉式ハカタ語会話

博多大吉:曽志崎っていうね、ウチの元マネージャーさんが…

笹川友里:ああ、曽志崎さん、大好きだった。女性の綺麗なマネージャーさん。

博多大吉:過去形で言うのはやめて(笑)まだいるから。

笹川友里:大好き(笑)

博多大吉:曽志崎マネージャーが、吉本にいたんですけど、寿退社したんですよね。

笹川友里:うん、うん。

博多大吉:それで、その子がね、最近弁当屋さんを始めたんですよ。

笹川友里:ええ!?

博多大吉:弁当屋さんっていうのが、「ロケ弁専門の弁当屋さん」なんですよ。

笹川友里:ああ、こういう仕事されてたからね。

博多大吉:うん。っていうのも、僕らに、華丸・大吉のマネージャーとしてついていた頃から、テレビ局って、必ず番組ごとにお弁当を頼むでしょ?

笹川友里:うん、うん。

博多大吉:そういうのをいっぱい見て、いっぱい食べて、ずっと楽屋で「これ、儲かんじゃないかな?」って、ずっと言ってたんですよ。

笹川友里:へぇ。

博多大吉:何か、やりようを考えれば。ずっと同じ弁当が…大体、決まってるじゃないですか、東京のテレビ局のお弁当って、どの局も。

笹川友里:ええ。

博多大吉:だから、「なんかビジネスチャンスがあるんじゃないかな?」って言っているのは、知ってたんですよ。

笹川友里:うん、うん。

博多大吉:それで、結婚して吉本を辞めて。何をしてるのかなと思ったら、本当に今週の月曜日に、楽屋に『ヒルナンデス!』終わりに来て。「ロケ弁会社のプロデュースを始めました」と。

笹川友里:へぇ。


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 博多大吉,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび
次の記事:博多大吉、ロケ弁は「冷めても美味しい」という条件をクリアしなくてはならないと指摘「食べるまでに、4時間経っている」

前の記事:ロンブー淳、競艇でレースを外したホームレスの反応に驚く「負けた時に、鼻血出すほど悔しがるの(笑)」

本日の注目記事