TOPたまむすび ≫ 山里亮太、「嫌いな人」の悪口や復讐するためのショートストーリーをノートに書いていると告白「腐れ外道版 星新一」

山里亮太、「嫌いな人」の悪口や復讐するためのショートストーリーをノートに書いていると告白「腐れ外道版 星新一」

2017.06.22 (Thu)
2017年6月20日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、「嫌いな人」の悪口や復讐するためのショートストーリーをノートに書いていると告白していた。

たりないふたり-山里亮太と若林正恭
たりないふたり-山里亮太と若林正恭【初回限定版】 [DVD]

山里亮太:「夜の山ログ」っていうのは、大学のキャンパスノートに書いてますから。

海保千里:はっはっはっ(笑)

山里亮太:前半が良いお店、後半が人の悪口。人の悪口と、その主人公が最悪の末路をたどるショートストーリーが。

海保千里:え?何それ?(笑)

山里亮太:私、書いているんです。

海保千里:デスノートじゃないですか。

山里亮太:デスノートじゃないです。

海保千里:違うんですか?

山里亮太:「腐れ外道版の星新一」と言ってる。

海保千里:はっはっはっ(笑)

山里亮太:星新一さんの素晴らしい話はたくさんあるんですけど、私のノートは腐れ外道版の星新一ね。

海保千里:はっはっはっ(笑)

山里亮太:汚い言葉だね、昼から。

海保千里:星新一さんは、凄く素敵なんですけどね(笑)

山里亮太:俺、大好きなの星新一さん。

海保千里:ねぇ。

山里亮太:あれくらいのショートストーリー。まぁ本当にね、展開とか星新一さんみたいに、最強に面白い。ああいう形はできないけど、あれくらいの分量で、凄い嫌いな奴を主人公にして、最悪の末路にたどりつくというショートストリーは書くよね。

海保千里:はっはっはっ(笑)やっぱり書くと、スッキリするんですか?

山里亮太:スッキリする。

海保千里:へぇ。

山里亮太:いつか出版できないかな、と思いながら。

海保千里:それを何かに、活用したりはしないんですか?

山里亮太:しない。誰にも見せない。

海保千里:誰にも見せてない?

山里亮太:誰にも見せてない。だって、お父ちゃん、毎週掃除に来るけど、そのお父ちゃんだって見つけられない場所に隠してるもん。

海保千里:鍵付きの何か、みたいな。

山里亮太:言わない。

海保千里:南京錠?

山里亮太:言わない、ヒントになるから。

海保千里:はっはっはっ(笑)見たいな。何かちょっと、ロケとかでね。

山里亮太:全然。

海保千里:あるじゃないですか。山ちゃんはスタジオにいるけど、誰か後輩が、とか言ってね。

山里亮太:絶対それはない。1回、ウチの『不毛な議論』で、うしろシティがそれをやったけど、その時、俺、ノート袋に入れて外に埋めていたからね。

海保千里:埋めたの?

山里亮太:うん、埋めた。

海保千里:庭っていうか、埋めるところはあるの?

山里亮太:ウチの前にある花壇。

海保千里:はっはっはっ(笑)でも、逆にですよ。花壇で誰かがわからないけど、掘り返すとか、危険高くないですか?

山里亮太:いや、全然。俺が掘り返す時は、深夜の4時だから。

海保千里:はっはっはっ(笑)怖い(笑)

山里亮太:深夜の4時、あそこを掘る人はいない。

海保千里:怖い、怖い時間帯だな、それ(笑)深夜の4時、もう朝方だよ(笑)


同番組の記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 山里亮太,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび

本日の注目記事