TOPたまむすび ≫ カンニング竹山・劇団ひとり、『芸人キャノンボール』は仲のいい芸人と自由に楽しんで「罪悪感を感じる」と告白

カンニング竹山・劇団ひとり、『芸人キャノンボール』は仲のいい芸人と自由に楽しんで「罪悪感を感じる」と告白

2017.06.14 (Wed)
2017年6月12日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、お笑い芸人・カンニング竹山と劇団ひとりが、TBS系の特番『芸人キャノンボール』は、仲のいい芸人と自由に楽しんで「罪悪感を感じる」ほどであると告白していた。

カンニング竹山 単独ライブ「放送禁止2015」
カンニング竹山 単独ライブ「放送禁止2015」 [DVD]

吉田明世:このメンバー、実は共演したことあるんですよね。覚えてますか?ひとりさん。この3人。

カンニング竹山:TBSでは、しょっちゅう会うということですか?

劇団ひとり:うん、うん。竹山さんはしょっちゅう会うから。

吉田明世:私も一緒に。

劇団ひとり:そうでしたっけ?

吉田明世:え?

カンニング竹山:はっはっはっ(笑)

吉田明世:忘れられてる(笑)

劇団ひとり:どこ「にて」会いました?(カンニング竹山、吉田明世アナが劇団ひとりの前で著書の題名を間違えてツッコミ「また嫌われるアナウンサーに選ばれる」 )

吉田明世:あの…(笑)

カンニング竹山:はっはっはっ(笑)

吉田明世:『キャノンボール2016』にて、会いました(笑)

劇団ひとり:ああ。

カンニング竹山:ああ、『キャノンボール』ね。

劇団ひとり:『キャノンボール』ね。

吉田明世:はい。早朝から、深夜までの。

カンニング竹山:ああ。

劇団ひとり:面白いですよね、あれね。

カンニング竹山:やらないのかな?もう。

吉田明世:今年、お話きていないですか?まだ。

劇団ひとり:どうだろう?

カンニング竹山:俺、知らないけど、来ていないけどやるの?

吉田明世:私も、まだお話来ていないので。「今年、クビかな?」と思ってたんですけど。

カンニング竹山:やらないんじゃない?まだ、じゃあ。

吉田明世:まだ決まっていないですかね。

カンニング竹山:あれは1日、面白いよね。

劇団ひとり:良い番組。

吉田明世:そうですね、芸人さんが4チームくらいに分かれるんですよね。

劇団ひとり:そう。

吉田明世:それで、車に乗ってお題にあった人とかを探して、旅をするという番組。

カンニング竹山:そう、そう。

劇団ひとり:うん。

吉田明世:皆さん、人を連れて来て、にらめっこ対決とか。

劇団ひとり:2回やったんでしたっけ?

カンニング竹山:2回やった。

吉田明世:もう、2回やりましたね。

劇団ひとり:前回はね、本当にタイミングが悪いことにね、あのロケの2日前くらいですかね、ポケモンGOがリリースされて。

吉田明世:そうでした。

カンニング竹山:そうだよね(笑)

劇団ひとり:もうね、みんなロケどころではない(笑)

吉田明世:はっはっはっ(笑)

カンニング竹山:そう。

吉田明世:集中力のなさ(笑)

カンニング竹山:そうだよ。

劇団ひとり:ずっと、ポケモンGOをやってましたからね。

カンニング竹山:楽屋で。

吉田明世:淳さんとか、有吉さんとか。

カンニング竹山:ポケモンGOのやり方を教えてもらって。劇団とか、先にやっていたんだよね?

劇団ひとり:はい、はい。

カンニング竹山:「どうするの?」って言って。ロケ中も、ずっともう運転手以外は、自分のスマホ持って。

劇団ひとり:そう。

吉田明世:はっはっはっ(笑)車の中の会話も重要なのに。

劇団ひとり:あの1日で、レベル10くらいみんな上がって(笑)

吉田明世:はっはっはっ(笑)そうでしたね。

カンニング竹山:そうだよね。

劇団ひとり:ちょっと集中できなかったですね。

カンニング竹山:はっはっはっ(笑)だから、藤井ディレクター怒っているんじゃない?「みんな、ポケモンGOばかりやりやがって。こっちは、カネ使って一生懸命やっているのに」と。

劇団ひとり:はっはっはっ(笑)

吉田明世:本当に、ポケモンGOが出てばかりだったんですけど。放送は2ヵ月後くらい、1ヶ月後くらいだったので、ちょっと何かもう…

劇団ひとり:そうですね、もう旬過ぎています。

吉田明世:過ぎている時だったから、編集もしようがない、と。

劇団ひとり:いや、あれは申し訳ないことしました。

カンニング竹山:ああいう仕事が良いな。仲が良い芸人ばかりと、何かウロウロしてる、みたいのが。

劇団ひとり:うん。

カンニング竹山:もう気も遣わずに。

吉田明世:芸人さんとしても楽しいですか?ああいう番組は。

カンニング竹山:やっぱり楽しいよね。

劇団ひとり:楽しいですね。でも、何かやりながら、何か罪悪感を感じてる。「これで良いのかな?」と。

カンニング竹山:特に何も作るわけでもない、「良いのかな?こんな仕事して」と。

吉田明世:あのゆるさが、また良い番組ですよね。皆さんの会話の。

カンニング竹山:まぁね。普通の日常だからね、結構ね。楽屋みたいな感じだからね。あれが良かったんですけどね。

吉田明世:そうですね。


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : カンニング竹山,劇団ひとり,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび

本日の注目記事