TOPおぎやはぎのメガネびいき ≫ おぎやはぎ矢作、小木が番組収録中に鎖骨骨折して手術も受けられず帰国したと明かす「折れてる状態で、6時間飛行機に」

おぎやはぎ矢作、小木が番組収録中に鎖骨骨折して手術も受けられず帰国したと明かす「折れてる状態で、6時間飛行機に」

2017.06.09 (Fri)
2017年6月8日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『おぎやはぎのメガネびいき』(毎週木 25:00-27:00)にて、おぎやはぎの矢作兼が、相方・小木博明がフジテレビ系の番組『とんねるずのみなさんのおかげでした』のシンガポールでの収録中、転倒して骨折し、手術も受けられず帰国したと明かしていた。

JUNK おぎやはぎのメガネびいきオフィシャルブック『めがね』
TBSラジオ『JUNK おぎやはぎのメガネびいき』オフィシャルブック『めがね』 (タツミムック)

矢作兼:マネージャーからの一報でね、「小木がロケ中に」なんて言って。「なに?なに?怖い、怖い」って思ったけど、「骨折」って言われて、結構、安心したけどね。「骨折だったら、別に」って。

骨折なんて、黙ってれば治るんだから。いいんだけど。でも、俺、一番可哀想だなって思ったのが、シンガポールで骨折したって言うでしょ。シンガポールで骨折して、シンガポールの病院に行くと、こっちに帰ってこれないから、入院になっちゃうから。

っていうことで、帰ってから手術ってことになったんですって。で、俺、レントゲン見たんだけど、マジでポッキリ折れてんの。

綺麗に、くの字になってんのね、鎖骨が(笑)で、俺が怖いなって思ったのが、その状態で飛行機に乗って帰ってくるのって、俺が自分だったら一番イヤなの。

治療してあとは治るのを待つだけっていう状態は、まぁ安心っていうか。もうほら、処置はしたんだから。「あとは治るのを待つだけ」っていうので、精神的に安心するじゃない。

でも、折れてる状態で、シンガポールから6時間とかたしか乗るから。もう、痛いじゃん。しかも俺が想像したのは、アイツ偏頭痛持ちだから。もう、いつも多い時にはバファリンを10何錠飲むんだよ、一日に。鎮痛剤を。

そんなふうにやってるヤツって、効かないと思うんだよね。だからアイツ、あんまり効かない状態で飛行機で、鎖骨折れた中、6時間くらいかけて帰ってきたって、それ想像したら可哀想で、小木が。


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : おぎやはぎ,矢作兼,小木博明,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  おぎやはぎのメガネびいき

本日の注目記事