TOP土田晃之 日曜のへそ ≫ 土田晃之、ACL決勝で韓国チームが引き起こした乱闘騒ぎに苦言「プロとしてあり得ない」「もうスポーツじゃない」

土田晃之、ACL決勝で韓国チームが引き起こした乱闘騒ぎに苦言「プロとしてあり得ない」「もうスポーツじゃない」

2017.06.05 (Mon)
2017年6月4日放送のニッポン放送系のラジオ番組『土田晃之 日曜のへそ』(毎週日 12:00-14:00)にて、お笑い芸人・土田晃之が、アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)決勝トーナメント1回戦第2戦、浦和レッズvs済州ユナイテッド戦で、済州ユナイテッドが引き起こした乱闘騒ぎについて、「プロとしてあり得ない」「もうスポーツじゃない」などと語っていた。

納得させる話力
納得させる話力 (双葉文庫)

土田晃之:でも、あれって国際大会だから。Jリーグ内の戦いとかじゃないんで。これは、やっぱ大きな大事件だと思いますよ。終わった後のあれも、なかなかでしたからね。何なら、去年もこの番組で言いましたけど、去年もあったんですよ。

ちょうど、韓国のチームを相手に戦っている時に、試合が終わった後に、グランドにテーピングをはずして、ゴミをグランドに捨てて行った、と。ってなった時に、レッズの選手が、「拾え」って言って。とって、「拾いなよ」と言ったら、ゴチャゴチャ言ってきたわけですよ。

その時、韓国の若手の選手が、それを拾ったんだよね。拾ったら、その拾ったやつを、ベテランの捨てた奴が奪い取って、またグランドに捨てるっていう。

だから、韓国の選手がみんな悪いなんて1つも思っていないわけ。だから、何人かいたじゃんっていう話で。

はっきり番号は覚えていないけど、3番、5番、7番くらいだったかな。酷かったよね。だから、あれはちゃんと国際サッカー連盟として、ちゃんと処分を下すべきだと思いますけどね。

だから、別に韓国の選手だから言っているわけじゃなくて、日本の選手が同じようなことをしたら、同じようなちゃんと罰を受けるべきだと思う。あれはもう、スポーツじゃないもん。だから本当、地元レッズを応援している、多分子供たちもグランドに観に行っているわけじゃないですか。

何なら、韓国でもあのチームを応援している子供たちが観ていたりするわけじゃないですか。あれはダメだよね、やっちゃ。プロとしてあり得ないと思います。


関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 土田晃之,浦和レッズ,済州ユナイテッド,ACL,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  土田晃之 日曜のへそ

本日の注目記事