TOP土田晃之 日曜のへそ ≫ 土田晃之、浦和レッズ阿部勇樹選手に肘打ちした済州ユナイテッドのペク・ドンギュ選手に苦言「1年の出場停止でも足りない」

土田晃之、浦和レッズ阿部勇樹選手に肘打ちした済州ユナイテッドのペク・ドンギュ選手に苦言「1年の出場停止でも足りない」

2017.06.05 (Mon)
2017年6月4日放送のニッポン放送系のラジオ番組『土田晃之 日曜のへそ』(毎週日 12:00-14:00)にて、お笑い芸人・土田晃之が、アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)決勝トーナメント1回戦第2戦、浦和レッズvs済州ユナイテッド戦で阿部勇樹選手に肘打ちをした済州ユナイテッドのペク・ドンギュ選手について、「1年の出場停止でも足りない」などと苦言を呈していた。

納得させる話力
納得させる話力 (双葉文庫)

土田晃之:気になったのと言ったら、浦和レッズの試合ですかね。これ、番組でも言わせてもらったんですけど、あの乱闘。あれだけの規模のことって、ほぼ世界的に見てもないじゃないですか。

たとえば、それが遅延行為をしたからとか。向こうが言ってきたとしても、要は何を言おうが、難癖つけて暴れたいだけじゃんっていう話ですよ。あそこまでいったら。

だって、試合中のキャプテンの阿部(勇樹)選手に対してのエルボーなんて、あれ、考えられないですよ。あんなの、1年の出場停止でも足りないくらいで。

昔、ラモスさんが日本リーグの時にあったんですよ。そういうのがゴチャゴチャあって、ラモスさんがその選手を走って追い掛け回していって。試合後も、相手のロッカーに行ったくらいなラモスさん(笑)それで、日本リーグ1年間出場停止になったりとかね。


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 土田晃之,阿部勇樹,済州ユナイテッド,ACL,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  土田晃之 日曜のへそ

本日の注目記事