TOPオードリーのANN ≫ オードリー・若林が語る「若手芸人のヒドイ扱い」

オードリー・若林が語る「若手芸人のヒドイ扱い」

2011.07.24 (Sun)
2011年07月23日放送の「オードリーのオールナイトニッポン(ANN)」にて、舞台・芸人交換日記の主演をつとめる若林正恭が、若手芸人時代のヒドイ話を明らかにしていた。

若林「私、舞台初めてですから、ほぼ。アレ以来ですから、『ヤマザキ』って舞台以来。3ヶ月稽古して、ノーギャラだった」

春日「何だったんだ、アレ。幻みたいな3ヶ月でしたけど」

若林「アレに関しては、俺も春日も同じ温度で怒るんですよね」

春日「年に何回か思いだすんですよね。『アレは一体、何だったんだ』って」

若林「アレ、何だったんだろうな?」

春日「アレ、結局、どっかのディレクターの趣味でしょ?」

若林「そうそう」

春日「3ヶ月、ガッチリ練習して。一応、ギャラは出るからって言われて」

若林「バイト代を訊かれたから」

春日「ちゃんと、その話しました?」

若林「ちゃんとはしなかったかもしれないけど、バイト代くらいは出るって言われて」

春日「ねぇ。バイト代くらいはって言われて」

若林「『月8万円くらいです』って言ったら、『3ヶ月で24万円か…OK』みたいな話はあったんだよね(笑)」

春日「あったんだよ」

若林「毎日稽古してたから、バイト入れないからね」

春日「そうね」

若林「収入0円なんですよね」

春日「バイト辞めさせられる寸前のリスクを背負って。必死にやって。それで、ふたを開けてみればノーギャラっていう」

若林「俺は座敷童の役で。絵コンテで着物みたいなのと半ズボンで、『こんな感じなんだぁ』って思ってたら、2週間後に『黒いTシャツと黒いハーフパンツで来てくれ』って言われて」

春日「あぁ、そうだよ」

若林「お前は赤いTシャツとハーフパンツで来てくれって言われて。それで、赤いハーフパンツなんかないから、自腹で買ってたもんな」

春日「買った」

若林「俺も黒いハーフパンツ借りて、Tシャツはユニクロで買って」

春日「うん」

若林「アレ、何だったんだろうな?お金が無くなったのかな」

春日「座敷童って言ってるのに、妖怪っぽくなくて、普通にハーフパンツとTシャツだったっていう(笑)」

若林「もう26~27歳で、オッサンなのに『僕、須藤!遊んでいるのだ』とかって言って(笑)座敷童とかっていって。アレ、不思議だったなぁ」

春日「不思議(笑)」

さらに、以下のように語っていた。

若林「芸人にはノーギャラだったけど、女優には支払われて(笑)」

春日「わっはっは(笑)あれは衝撃的だったね」

若林「『入ってましたよ』って言われて」

春日「女優さんに、『ノーギャラできついですね』って言おうと話しかけたら」

若林「でもさぁ、鈴木おさむさんはスゴイ芸人愛があるから、芸人交換日記でも、そういうところがガッツリ描かれてて。要するに、若手芸人って、力のない若者じゃん。売れてない、若手芸人って」

春日「うん」

若林「だから、色んな目に遭うワケよ。それを『将来、トークで1,000回笑いにするしかない』ってことを考えてるのよ」

春日「なるほどね、逆にオイシイと思わないと」

若林「だから、『ヤマザキ、ノーギャラ』で笑いを1,000回とらないとな。腹の虫が治まらないんだよな」

春日「なるほどね。難しいなぁ(笑)」

若林「色んなことをやらされたり、言われたりするの。ADさんとかにも、『あのさぁ…』みたいな」

春日「うん」

若林「気をつけて喋るけど…スタッフさんで、10人くらい若手を引き連れて、限界まで飲ませるような人っていたじゃん」

春日「あぁ…(笑)」

若林「この感覚分かるでしょ、お前は。仕事が欲しくて必死だから、蜘蛛の糸を辿るように、スタッフさんに接待っていうか…するのよ」

春日「うん」

若林「それで、引き連れて、『これ全部飲めるか?』とかってやるの。でも、今は見ないよね、あんまりそういう人」

春日「そうね」

若林「あの人、どこに行っちゃったのかなって思って」

春日「歳を重ねて、出世してるのかな?その時のメンバーから厳選された2~3人とかになってるんじゃないかな」

若林「なるほどね」

春日「分かんないけど」

若林「誰とは言わないですけど…友達の芸人から聞いた話なんだけどね。女性芸人が居て、カラオケでイジられてたワケ。太ってて。それで、みんなもう酔っぱらってるから、胸とかガーって揉まれてて」

春日「うん、うん」

若林「その人も悶えたりとかで、コントしてたんだけど。『あぁ、あぁ…』とかって言って、みんなでゲラゲラ笑ってたんだって。スタッフさんと芸人で。20人くらいで。それで、トイレに行ったんだって。俺の友達が」

春日「はいはい」

若林「そしたら、そこは男女兼用で、鍵が掛かってなくて。扉を開けたら、洗面所でその胸を揉まれてた子が、号泣してたんだって」

春日「くぅ~!」

若林「切ない話だろ?」

春日「切ないねぇ~」

若林「もう、笑えないじゃん、それって。スゴイ話だよな。こういうことを、稽古してると思いだすね」

春日「芸人だと、誰でも思いだす、みたいな」

若林「芸人あるある、みたいな。どの仕事でも大変だろうけどね。タイプにもよるけど」

春日「ポンって一気に売れる人もいるからね」

若林「ショーパブとかでも、舞台終わりで握手回りとかしてると、急に『俺、歯医者やってんだよ』とかって言い出す人もいるからね。急にそんなこと言い出して」

春日「うん(笑)」

若林「『俺、歯医者やってんだよ。だから、飯で困ってたら言ってくれよ』とかね」

春日「向こうも、酔ってるからね。『俺、知り合いいるんだよ』とかね(笑)」

若林「ダメ出しとかを5~6分聞いてたこともあったな。常連でさ」

春日「うん」

若林「あぁ。『お前ら、絶対に売れねぇぞ』って言われて。二人で立たされて、ずっと説教されて。『アイツ、また居るよ』って言って」

春日「そうね。面倒くさいわ、みたいな」

若林「だから、春日と『すごい親身に聞く』ってコントをしてたからね」

春日「逆に、質問したりとかね」

若林「『じゃあ、こうした方が良いですかね?』とかって言うと、『当たり前だよ』って言われて(笑)」

春日「あったねぇ」と語っていた。

芸人交換日記 ~イエローハーツの物語~
芸人交換日記 ~イエローハーツの物語~鈴木おさむ

太田出版 2011-03-10
売り上げランキング : 7029


Amazonで詳しく見る


【関連記事】
ザキヤマ・おぎやはぎが語る「ダメな芸人の特徴」

南キャン・山里「若手芸人がM-1に本気になれたのは麒麟のお陰」

オードリー「ダチョウ倶楽部の仕事を目の当たりに」

伊集院光「若手芸人たちが芸人になった理由」


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : オードリー,若林正恭,芸人交換日記,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  オードリーのANN

本日の注目記事