TOPアッパレやってまーす! ≫ 鈴木拓、自殺を考えていた女子大生に「ドランクドラゴンのコントを観て思いとどまった」と言われ感謝されたと明かす

鈴木拓、自殺を考えていた女子大生に「ドランクドラゴンのコントを観て思いとどまった」と言われ感謝されたと明かす

2017.05.31 (Wed)
2017年5月30日放送のMBSラジオのラジオ番組『アッパレやってまーす!』(毎週火 22:00-23:30)にて、お笑いコンビ・ドランクドラゴンの鈴木拓が、自殺を考えていた女子大生に「ドランクドラゴンのコントを観て思いとどまった」と言われ、感謝されたと明かしていた。

ドランクドラゴン 無修正
ドランクドラゴン 無修正 [DVD]

鈴木拓:僕、番組で大学に行ったんですよ。そこの部分はカットされたんですけど、大学生が何かいっぱい喋った後に、みんなが手を挙げて、スピーチみたいのをしたんですよ。

濱口優:うん。

鈴木拓:そしたら、大学生の一人の女の子が、「実は私、大学に入る前に受験に落ちたり、とか恋愛でも振られたりとかして、凄い落ち込んでいた時期があって、毎日死のうと自殺を考えてたんです」と。

濱口優:へぇ。

鈴木拓:それで、「死のうと思っていたんですけど、たまたまテレビがついてて、それを聞いてたら、いつの間にか笑っていたんです」って、その女の子が言ってて。その時にやってたのが、ウチらのコントで。

濱口優:ドランクの?

鈴木拓:はい。

濱口優:へぇ、嬉しいね。

鈴木拓:「これから死のうと思ってたにも関わらず、こうやって笑うことができるんだ」と。「だから、まだまだ自分は生きてても良いんだ」と思ったっていう。その子が「ありがとうございました」って、俺に言ってきたんですよ。

濱口優:へぇ。

鈴木拓:いやぁ、もう感極まっちゃったんですけど、結局、ネタ作ってるのは俺じゃねぇし(笑)

濱口優:はっはっはっ(笑)

鈴木拓:「塚っちゃんだから、塚っちゃんにそれ、言ってくれる?」って言って(笑)

有野晋哉:「何で塚っちゃんおれへんのかな」って?(笑)

鈴木拓:はい(笑)


関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : ドランクドラゴン,鈴木拓,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  アッパレやってまーす!

本日の注目記事