TOPたまむすび ≫ カンニング竹山、視聴率によって番組の評価が左右されることに疑問「視聴率なんて、視聴には全く関係ない問題」

カンニング竹山、視聴率によって番組の評価が左右されることに疑問「視聴率なんて、視聴には全く関係ない問題」

2017.05.30 (Tue)
2017年5月29日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、お笑い芸人・カンニング竹山が、視聴率によって番組の評価が左右され、ネットニュースなどでも騒がれることについて、「視聴率なんて、視聴には全く関係ない問題」と指摘していた。

カンニング竹山 単独ライブ「放送禁止2015」
カンニング竹山 単独ライブ「放送禁止2015」 [DVD]

吉田明世:特に、ドラマとかは、(視聴率とオンタイム以外での視聴者数の乖離は)より感じますけどね。

カンニング竹山:そう、そう。ドラマも、視聴率悪いドラマって言っても、意外と、自分のタイミングで観てたりする。

吉田明世:そうなんですよ。最近で言うと、『カルテット』っていうTBSのドラマなんかは、視聴率よりも、やっぱり「観てる」っていう声のほうが大きくて。

カンニング竹山:うん。

吉田明世:ただ、その瞬間オンタイムで観ている人は、ちょっと少なかったので、視聴率には反映されていなかったんですけど。

カンニング竹山:うん。

吉田明世:ちょっと「もったいないな、悔しいな」という思いはしますよね。

カンニング竹山:そうなんですよ。実際は、噂によると録画している数とか、そういうのも実は分かっている、みたいなことも聞いたり、聞かなかったりするんですけど。じゃあ、それは出ないのかって言うと、色んな関係性があって、それを出すわけにはいかない、と。

吉田明世:はい。

カンニング竹山:分かんないよ。俺も、噂でしか知らないけど。もしそれがあるのならば、そういうふうに出して行かないと、結局、それによって、+ネットによって、それで視聴率が良い/悪いでさ、視聴率なんて、視聴者の人には全く関係ない問題でさ、あれ、ただのセールスの数字だから。

吉田明世:そうですね。

カンニング竹山:「ウチ、これくらい良いから買って下さい、番組」っていう数字だからさ。関係ないんだけど。それで視聴者の皆さんも、「あの番組は視聴率悪いんでしょ?じゃあ観ない」「この番組、視聴率良いんでしょ?」と、何か関係ないところで勝手に、内容を観てもいないのに、評価していくようになっていく世の中があるから。

吉田明世:ちょっと引っ張られちゃいますよね。なんか、視聴率がネットニュースになったりするので。「このドラマ、面白いの?じゃあ観ようかな」と。

カンニング竹山:そんな、変な感じになるじゃない。

吉田明世:「このドラマ、視聴率こんな低いんだ?もう観るのやめよう」と思っちゃう人もいると思うんですよね、中にはね。

カンニング竹山:そうなんですよね。だから、その辺をもうちょっと、どうにか時代とともにならないと、正しいデータが出てないような気がして。それで何年かやってたけど、もう限界なんじゃないか、と。

吉田明世:うん。

カンニング竹山:「もう、ごまかせないんじゃないか?世の中は」って、何となく俺は思ったのね。

吉田明世:はい。

カンニング竹山、とんねるずの番組でのキャンプ企画に対して「竹山、可哀想」などというツイートがあることに疑問

カンニング竹山、クイズ番組や教養番組だらけになっていることで将来のテレビ番組のあり方を危惧「もっとつまんなくなる」

カンニング竹山、テレビ局の自主規制に個人で抗うことは困難であると指摘「結局、組織とは戦えないで終わる」

カンニング竹山、オンタイムで番組を視聴者が観なくなっているため「視聴率」の存在意義に疑問「時代とマッチしていない」

次記事:カンニング竹山、自身も出演する番組『ビビット』の視聴率が伸び悩んでいると指摘「数字も良くねぇじゃねぇか」


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : カンニング竹山,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび

本日の注目記事