TOPたまむすび ≫ カンニング竹山、クイズ番組や教養番組だらけになっていることで将来のテレビ番組のあり方を危惧「もっとつまんなくなる」

カンニング竹山、クイズ番組や教養番組だらけになっていることで将来のテレビ番組のあり方を危惧「もっとつまんなくなる」

2017.05.30 (Tue)
2017年5月29日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、お笑い芸人・カンニング竹山が、クイズ番組や教養番組だらけになっていることで、将来のテレビ番組のあり方を危惧していた。

カンニング竹山 単独ライブ「放送禁止2015」
カンニング竹山 単独ライブ「放送禁止2015」 [DVD]

カンニング竹山:俺は、色々考えたわけですよ、この週末。本当に、色んなことを。ちょっとまぁ、ラジオだけど、ラジオをちょっとおいておいて、テレビのことをちょっと話すと…

吉田明世:はい。

カンニング竹山:あまりにも最近、苦情とかそういうのが多すぎるわけ、テレビって。

吉田明世:はい。

カンニング竹山:だから、テレビ番組を観てごらんよ。もう、同じような番組ばっかり。そこに僕も加担して、一緒にやってお金もらって生活をしているわけだけども。それが悪いは言いませんけど、もう今、あるのは大体、勉強のテレビ。

吉田明世:はい。

カンニング竹山:勉強クイズ。名字がどうとか、教科書がどうとか。日本人は素晴らしいだろう、世界に比べてどうとか。もう、全部そんなんじゃないですか。

吉田明世:はい。

カンニング竹山:ある程度、それは面白い、勉強になりますよ。でも、今の子たちは、そういうのをずーっと観てるわけじゃない。だから、変なことを芸人がやったり、タレントがやったりしたら、「そんなことやって良いんですか?」「バカにしてんじゃないですか?そんなこと」とか、すぐにクレームを言うじゃない?

吉田明世:はい。

カンニング竹山:けど、これがまた不思議なのは、だからと言って、まぁ同じ人種ではないとしても、今日の朝のニュースではないけど、若い子はYouTubeで動画を撮ったら、「何やってんだよお前?」っていうことを、平気で上げちゃったりするわけ。

吉田明世:はい。

カンニング竹山:その辺、グチャグチャになってて。「何だろう?この世界」って考えたりするわけですよね。

吉田明世:そうですね。

カンニング竹山:これ優しいもの、安全なものばかりずーっと観てきてるから。または、テレビだけでなくても、安全なものしかずっと身の回りにない環境でずっと来ているから、それが、ちょっと角が立ったものとかに、何かで接した時に、クレームを言うようになるの。

吉田明世:ああ、受け入れられないんですね。

カンニング竹山:すぐに「イジメだ」とか、すぐに「ヤラセだ」とか、「イジメだ、可哀想でしょ」とか言うわけ。でも、そればっかりやってるとさ、結局、自分で自分の首を絞めているような気がするのね。何もできないような気がしてくるわけよ。

吉田明世:うん。

カンニング竹山:それで1つ心配なのは、そういうテレビ番組とかラジオ番組もそうかもしれないけど、そういうものばかりずっと観て育ってきた子たちが、いずれ大人になり、テレビを作ったり、メディアを作ったりするわけじゃない。

吉田明世:はい。

カンニング竹山:そうするとさ、もっともっとつまんなくなるんじゃないかなっていうか、もっと枠にとらわれたものしかできなくなるかなっていう。テレビとかラジオって、やっぱり次の時代を作っていかなきゃいけないものだと思うんですね。そこには、批判とか物凄くあると思うんですよね。

吉田明世:うん。

カンニング竹山:怒られることも、メチャクチャあると思うんですよ。それでもやっていかなきゃいけない。だから、俺もこういう仕事をしてて、自分で言ったら終わりだけど、俺もそうなんだけど、知った顔ばっかり出てても、面白くないんだよね。わけのわからない奴が、「誰?こいつ」「何?こいつ」っていうのが出てくるのが、やっぱり流行であり、メディアでありと思うんだけど。

吉田明世:うん。

カンニング竹山:なかなか今、それができない。誰も責任をとりたくないからなのか、それはよくわかりませんけど。

カンニング竹山、とんねるずの番組でのキャンプ企画に対して「竹山、可哀想」などというツイートがあることに疑問

次記事:カンニング竹山、テレビ局の自主規制に個人で抗うことは困難であると指摘「結局、組織とは戦えないで終わる」

カンニング竹山、オンタイムで番組を視聴者が観なくなっているため「視聴率」の存在意義に疑問「時代とマッチしていない」

カンニング竹山、視聴率によって番組の評価が左右されることに疑問「視聴率なんて、視聴には全く関係ない問題」

カンニング竹山、自身も出演する番組『ビビット』の視聴率が伸び悩んでいると指摘「数字も良くねぇじゃねぇか」


関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : カンニング竹山,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび

本日の注目記事