TOPバナナマンのバナナムーン ≫ バナナマン設楽、星野源が出会った頃の11年前とは大きく変化したことについて語る「どんどん、どんどんビッグに」

バナナマン設楽、星野源が出会った頃の11年前とは大きく変化したことについて語る「どんどん、どんどんビッグに」

2017.05.13 (Sat)
2017年5月12日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『バナナマンのバナナムーンGOLD』(毎週金 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・バナナマンの設楽統が、出会った11年前に比べ、シンガーソングライター・俳優の星野源は大きく変化し、「どんどん、どんどんビッグになった」と語っていた。

日村勇紀:(毎年恒例だった日村のバースデーソングを歌いに)来ないの?源君。

設楽統:まぁ、古くは『アキハバラ@DEEP』で。

アキハバラ@DEEP
アキハバラ@DEEP [DVD]

日村勇紀:出会いはね。

設楽統:あれは何年前?11年くらいまえ?…2006年か。大根監督作品ですよ。

日村勇紀:うん。

設楽統:そこで出会ってからの付き合いで。

日村勇紀:うん。

設楽統:2007年の我々のライブ。

日村勇紀:うん。

設楽統:『BANANAMAN LIVE SPICY FLOWER』で、オープニングの曲を、その時はsake rockで作ってもらってから。



日村勇紀:うん。

設楽統:それからずっと、ライブのオープニングやってもらったりして。

日村勇紀:めちゃくちゃ曲作ってもらってんね、本当に(笑)

設楽統:本当だよ。日村さんの誕生日ソングっていうのは、2010年。日村さん38歳の誕生日から、誕生日ソングを作ってくれてるんですよ。

日村勇紀:あらら。

設楽統:凄いよね。

日村勇紀:それが7年前か。

設楽統:そこからですよ。そこから毎年のように、源君、どんどんどんどんビッグになっていって。

日村勇紀:凄いよね。

設楽統:ねぇ。去年なんか、さいたまスーパーアリーナ2 daysパンパンですよ。そんなスターになりまして。

日村勇紀:紅白も出てますし。

設楽統:紅白も出ました。ドラマね、去年。

日村勇紀:社会現象です。

設楽統:『逃げるは恥だが役に立つ』の主題歌、『恋』、そして恋ダンス。



日村勇紀:恋ダンス。

設楽統:社会現象になりましたよ。

日村勇紀:マジで社会現象って、こういうことを言うんでしょうね。カラオケなんかでも、常にみんな歌ってますからね。

設楽統:カラオケなんか、もう1位でしょ。ずーっと入ってるね。

日村勇紀:『恋』を歌いにカラオケ行ってるようなもんですからね。

設楽統:みんな踊ったりしてね。

日村勇紀:うん。大変だよ、この人。

設楽統:はっきり言います、今夜、星野源。来ま…

日村勇紀:どっち?(笑)

設楽統:忙しいんだよ。

日村勇紀:それは分かってるよ。みんな知ってるけど、期待しちゃうじゃない、でも(笑)

設楽統:しかも、曲を作ってもらおうと思ってるわけじゃない、お誕生日に(笑)多分、源君って、『恋』からシングル出してないでしょ?

日村勇紀:ふふ(笑)

設楽統:おかしいでしょ、『恋』のあとに日村さんのバースデーソングって(笑)その労力たるや(笑)

日村勇紀:それは、ずーっとおかしいことをやってもらっちゃってるけどさ(笑)


関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : バナナマン,設楽統,日村勇紀,星野源,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  バナナマンのバナナムーン

本日の注目記事