TOP未分類 ≫ キンコン西野、インタビュー中にマジギレ退出した直後TVディレクターが謝罪してきたと明かす「すみません、すみません…」

キンコン西野、インタビュー中にマジギレ退出した直後TVディレクターが謝罪してきたと明かす「すみません、すみません…」

2017.05.11 (Thu)
2017年5月8日放送のTOKYO FM放送のラジオ番組『サプライズマンデー西野亮廣の「これから何する?」』にて、お笑いコンビ・キングコングの西野亮廣が、読売テレビのディレクターのインタビュー中、あまりに失礼な質問に激怒して退出した直後、そのディレクターから舞台裏で謝罪されたと明かしていた。

Discover Japan 2017年2月号(特集:西野亮廣)
Discover Japan(ディスカバージャパン) 2017年 02 月号 [雑誌](特集:西野亮廣)

西野亮廣:一番腹が立ったのは、ここ(読売テレビのディレクターが失礼な質問を繰り返したこと)じゃないんです。ピークはここじゃないんです。一番腹が立ったのはですね、要はお客さんの前ですから、キレたりしてないですよ。静かにマイクを置いて、「失礼します」って帰ったんですけど、ディレクターさんが「すみません、すみません」って後から追っかけてきてですね。

バックステージに入った瞬間、これは誰も見てないなって思って、もうそのディレクターさんと顔を合わせて、1 cmくらいの距離でガッと詰めてですね。"キングコング西野"はここでブチギレてますから。

こういうことが、二度とあってはいけないじゃないですか。僕はキレたら帰りますけど、ウチの後輩とかはそういうこともできないから。我慢しなきゃいけないから、「こういうことはやんなよ」ってことで、ちょっとこのディレクターさんに釘刺してやろうと思って。

「あなた、こんな仕事、いつもやってるんですか?」「いつもこんなようなことやってるんですか?」って訊いたらですね、ディレクターさんがなんか言わなきゃいけないと思って。フォローしようと思ったんですけど、「いや、西野さんだけです」って言ったら、なおのこと、なんで俺だけそんな雑にくるんだって思って。なおのこと腹が立っちゃって。

ここがピークです。非常に怒っております(笑)


同番組の記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : キングコング,西野亮廣,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  未分類

本日の注目記事