TOP伊集院光とらじおと ≫ 伊集院光、森友学園「黒塗りの設立趣意書」の原本を籠池 前理事長は「出せるはずじゃないか」と指摘

伊集院光、森友学園「黒塗りの設立趣意書」の原本を籠池 前理事長は「出せるはずじゃないか」と指摘

2017.05.11 (Thu)
2017年5月10日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、森友学園の「黒塗りの設立趣意書」について、その原本を籠池泰典・前理事長は出せるはずではないか、と指摘していた。

伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1
伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1

伊集院光:森友学園問題って言いますかね。色んなテレビ局が、籠池さんのインタビューを一生懸命とることに熱心で。

内山研二:はい。

伊集院光:しかも、それに関する質問に、答えないじゃないですか。

内山研二:はい。

伊集院光:「誰がなんと言おうと勝手だけど、財務省としては、それを調べたりとかすることはしません」って言ってるじゃないですか。

内山研二:うん。

伊集院光:僕、ちょっと籠池さんの取り上げ方にもちょっと問題あるかなって思うんですけども。

内山研二:うん。

伊集院光:たとえば、あとできちんと確かめれば分かることじゃないことも、「写真をコピーしました。昭恵さんと映ってる写真を、彼らはコピーして持っていきました」とか。

内山研二:はい。

伊集院光:「元々、こういうふうに書いていたはずです」ってことを…反論がないから。反論がないせいで、あたかも事実っぽく聞こえるっていう。検証が済んでないにも関わらず、事実っぽく聞こえる気がするのは、僕だけですかね。

内山研二:うん…

伊集院光:だから、反論すればいいと思うんです。まして、あの黒塗りの部分に書いてあることは、籠池さんがいいことならば、出せることな気がするんですけど。

内山研二:うん、出せますよね、それはね。

伊集院光:籠池さんが、鼻でせせら笑って、「よく言うよ」なんてやってるわけじゃないですか。ってことは、出せるはずじゃないかって思うんですけど、なんか凄くそこも、翻弄されてる感みたいなのがとてもイヤなんですよね。

内山研二:マスコミ各社にインタビューで籠池さん、出てますからね。

伊集院光:出てます。

内山研二:やっぱり思い出していただきたいのは、証人喚問の時に、「肝心なところについては、訴追の可能性がありますので、お答えできません」っていう。

伊集院光:はい。

内山研二:訴追をされる可能性のある立場の人の発言ですから、当然、自分を守ろうとするっていうことですからね。

伊集院光:はい、はい。

内山研二:そういう立ち位置で話をされてるんだってことは、よく分かった上であの発言を聞いた方がいいと思いますよ。

伊集院光:そうですね。そこが落ち着かないと。反論がないって恐ろしいもので。それが通っちゃった感じがするかなって思いますね。


関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 伊集院光,森友学園,籠池泰典,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと

本日の注目記事