TOPオレたちゴチャ・まぜっ! ≫ 加藤浩次、カバの上に乗ろうとしてマジギレした飼育員にビンタされた過去を告白「カバを何だと思っているんだ!」

加藤浩次、カバの上に乗ろうとしてマジギレした飼育員にビンタされた過去を告白「カバを何だと思っているんだ!」

2017.05.09 (Tue)
2017年5月6日放送の毎日放送MBSラジオのラジオ番組『オレたちゴチャ・まぜっ』(毎週金 25:50-28:26)にて、お笑いコンビ・極楽とんぼの加藤浩次が、カバの上に乗ろうとして、マジギレした飼育員にビンタされた過去を告白していた。

イルネス共和国
イルネス共和国 [DVD]

2017年5月6日放送の毎日放送MBSラジオのラジオ番組『オレたちゴチャ・まぜっ』(毎週金 25:50-28:26)にて、お笑いコンビ・極楽とんぼの加藤浩次が、

加藤浩次:若手の頃とか、ロケで無茶しようとするじゃない。徳井もやってきたろ?色々。

徳井健太:はい、はい。何かやらないといけない、と思っていました。

加藤浩次:俺、一回何かのロケで、カバと何かやる、みたいな。決まっていないじゃん、昔のロケなんて。

有野晋哉:はっはっはっ(笑)

徳井健太:カバと何かやる(笑)

加藤浩次:カバと、何かやるみたいなロケで。カバの上に、石垣みたいのがあって、そこから飛び乗れたんだよ。

徳井健太:凄いな。

有野晋哉:届いた?

加藤浩次:カバが下にいて、こっちがちょっと石垣みたいので、カバと同じくらいの高さよりちょっと高いくらいのところで、俺が立ってたのね。そしたら、カバの上に乗ろうと思ったんだよ。

徳井健太:凄いことやってますね(笑)

有野晋哉:それは、台本通りなんですか?

加藤浩次:違う、違う。台本とかないよ、そんなの。それはまぁ、呆れられたな。

徳井健太:え、そうなんですか?

加藤浩次:あの。

有野晋哉:どっちの人に?動物の方に?

加藤浩次:飼育員さんの方に。ディレクターは、何も言わないから。もう、カバに乗ろうと思って、「乗るぞ」みたいなことを言ったら、カメラの中に入ってきて、「カバを何だと思っているんだ!」って。

徳井健太:愛で?「危ない」とかでなくて?

加藤浩次:違う、違う。危ないの。

徳井健太:よく、カバは危ないと言うじゃないですか。

加藤浩次:「カバを何だと思っているんだ!」って。「カバは、どれだけ危ないか知ってるのか?お前ら、イチコロだぞ」って。

徳井健太:そっちで。

加藤浩次:凄い近くに来て、俺、ビンタされたんだもん。

有野晋哉:はっはっはっ(笑)

加藤浩次:飼育係りの人に、「いい加減にしろ、お前!」って、バンッて

有野晋哉:大人が大人に怒られてる(笑)

加藤浩次:「すみません、すみません」って。

徳井健太:うわぁ(笑)

有野晋哉:はっはっはっ(笑)

加藤浩次:こっちは、ディレクターから何も聞いていないし、オンエアもないし、そんなもの。

有野晋哉:はっはっはっ(笑)

徳井健太:それ流したら、面白いのに。

加藤浩次:それは、怒るもん。動物園の飼育係りの人は、そんなの流したら超怒るじゃん。

徳井健太:ああ、そうか。「ヒドイ」ってなるのかな。

加藤浩次:そうだよね、カバは危ないよな。

有野晋哉:カバは危ないですね。カバ最強説がない頃ですもんね?

徳井健太:そうか、舐めてますよね。

加藤浩次:舐めてるよ、カバなんて。

徳井健太:なんか、ゆっくりしたヤツですもんね?

有野晋哉:象みたいに、鼻もないし。

徳井健太:そうですよね、口開けるだけの。

加藤浩次:振り落としたりしないイメージじゃん。俺が、一人乗ったくらいだったら。

徳井健太:のしのし、セントバーナードみたいな。

加藤浩次:そう、そう。

有野晋哉:ゆっくりした。

加藤浩次:キレたよ。

有野晋哉:無知は怖いですね。

加藤浩次:昔は、本当にテキトーだよ。


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 加藤浩次,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  オレたちゴチャ・まぜっ!

本日の注目記事