TOPナイナイのANN ≫ 岡村隆史、ヒロミが吉本芸人の「それ、何がオモロイねん」とすぐに否定的なことを言う姿勢を批判していたと明かす

岡村隆史、ヒロミが吉本芸人の「それ、何がオモロイねん」とすぐに否定的なことを言う姿勢を批判していたと明かす

2017.05.06 (Sat)
2017年5月4日放送のニッポン放送系のラジオ番組『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(毎週木 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史が、ヒロミの別荘を訪れた際、吉本芸人がすぐに「それ、何がオモロイねん」などと否定的なことを言うことを指摘され、「面白いかなぁ、くらいで行動しろよ」と叱られてしまったと明かしていた。

ナインティナインのオールナイトニッ本 vol.6
ナインティナインのオールナイトニッ本 vol.6 (ヨシモトブックス) (ワニムックシリーズ 207)

岡村隆史:(ヒロミが)「お前、いつも『なんか、面白いことないですかね?』って俺に訊くだろ?なんだよ、その発想。なんで吉本の奴って、『それ、何が面白いんですか?』とか言うの?」って。

東京の人って、あんまりそう思わない。なんか、「面白そうだな」とか。なんか、「これやったら、なんか面白そうかな」って思って、物事に取り組んでる、と。それを「なんで吉本の奴らは『それ、オモロイんか?』って言う。『それ、何がオモロイねん』って言うだろ?そういう考え方がよくない」って。

「だから、お前も『なんか面白いことないですかね?』って、そういう考え方をするな」と。「なんか面白そうだなって思うことをやれ」って。

「そうなんですよね。ウチの先輩っていうても、結局、楽屋入ってきて、第一声が『夢も希望もないわ』っていう人なんです」「誰だよ、それ!」って言うから、「ほんこんですよ」「そういうのがダメなんだよ」って。

「面白いかなぁ、くらいで行動しろよ」って。エライ怒られましてね。何をしたろうかなぁって思ってるんですけど。


関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 岡村隆史,ヒロミ,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ナイナイのANN

本日の注目記事