TOP山里亮太の不毛な議論 ≫ 山里亮太、乃木坂46秋元真夏が「ガールズアワード」MCとして大役を見事に果たしたと絶賛「なんて素晴らしい子なんだ」

山里亮太、乃木坂46秋元真夏が「ガールズアワード」MCとして大役を見事に果たしたと絶賛「なんて素晴らしい子なんだ」

2017.05.04 (Thu)
2017年5月3日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、3日、東京・国立代々木競技場第一体育館にて開催されたファッション&音楽イベント「GirlsAward 2017 SPRING / SUMMER」で、乃木坂46秋元真夏がMCとして見事に大役を果たしていた、と絶賛していた。

もっとたりないふたり ─山里亮太と若林正恭─
もっとたりないふたり ─山里亮太と若林正恭─ 5枚組(本編4枚+特典1枚) [DVD]

山里亮太:今日、ガールズアワード、凄かった。色んなものを感じたね。「ああ、人間ってこんなに差があるんだ」っていう(笑)

でも、一個知れたのは、私、南海キャンディーズ・山里亮太がMC。もう一人が、乃木坂46の秋元真夏ちゃんっていうね、子だったんだけど。

シンプルな感想で、むちゃくちゃいい子。この子はなんていい子だって。勉強熱心だし、初めてのMCってことで。

大体ね、手元のカンペもビッシリ書いてあるんです。で、ファッションショーとかのMCって、専門用語っていうか、「この企業の説明の時は、この名前言ってください」とかだから、結構、目線が下になり続けちゃうの。

でも、前を見ながら、楽しそうに。しかもナチュラルにその単語を言う感じ。「うわ、これ昨日からちゃんと入れてきてるな」って。合いの手も可愛らしくね、ちゃんと全力でやるし。

台本にない自分の言葉でもまとめられるし。なんて素晴らしい子なんだろうって。大体、舞台袖でね、モデルさんたちのランウェイが終わったところで、僕らが「どうも、どうも」って出てくるの。

その袖の待機中もね、大体、大人に囲まれて、僕なんかが立ち入る隙もない、みたいな状態で。「じゃあ、一緒に行ってください」ってときに、大人たちがスッとどいて出てくる、みたいなのがある中で、もうずっと僕ともう一人のアシスタントのアナウンサーの小澤(陽子)さんっていう方と話してて。


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 山里亮太,秋元真夏,乃木坂46,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  山里亮太の不毛な議論

本日の注目記事