TOP爆笑問題カーボーイ ≫ 爆笑問題・太田、高田文夫が塚田茂のゴーストライターをしていたことに驚く「どんどん塚田先生の評判が上がって(笑)」

爆笑問題・太田、高田文夫が塚田茂のゴーストライターをしていたことに驚く「どんどん塚田先生の評判が上がって(笑)」

2017.05.03 (Wed)
2017年5月2日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(毎週火 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・爆笑問題の太田光が、放送作家・高田文夫の著作『TOKYO芸能帖 1981年のビートたけし』を読み、高田が塚田茂のゴーストライターをしていたと知り、驚いていた。

太田光:高田先生のさ、『TOKYO芸能帖』だっけな、新しく出たんですよ。

TOKYO芸能帖 1981年のビートたけし
TOKYO芸能帖 1981年のビートたけし

田中裕二:出たね。

太田光:あの本、宝ですよ。

田中裕二:いやぁ、凄いよね。

太田光:あれは凄い。もう、俺、夢中ですよ。本当にいいね。ジーンとくるし。高田先生って、改めて、ただのお喋りかと思ってたら…

田中裕二:そうじゃねぇよ(笑)知ってるだろ(笑)

太田光:はっはっはっ(笑)

田中裕二:ただのお喋りじゃないよ。

太田光:いやぁ、偉大だね。

田中裕二:いやぁ、だから本当にちょっと…あんまり、全部言うとアレだけど。まぁ、でもいいのかな、本として出てるから。いや、驚いた。

太田光:ネタバレは…最後の犯人とかは言えないけど。

田中裕二:推理小説じゃねぇよ、べつに(笑)高田先生の今までの仕事ね…

太田光:どういう仕事を今までやってきたとか。

田中裕二:若い頃からのことが書いてあったり。

太田光:全部読んだ?

田中裕二:全部はまだ読んでないんですけどね。途中なんですけどね。

太田光:驚きましたよ。高田先生、これも、これも、これも…全部高田先生。しかも、全部俺ら見てたヤツですよ。

田中裕二:そう。

太田光:それこそ、塚田茂 大先生のね、弟子として銀色の道ですよね。言ってみれば、『ヒットスタジオ』から何から、当時の芸能、一手にテレビをやってた塚田さんの弟子として入って。

田中裕二:うん。

太田光:ずーっとゴーストライターをやっていた、と。

田中裕二:うん。

太田光:塚田先生の字体に合わせて書いていた、と。

田中裕二:ねぇ。

太田光:そうすると、どんどん塚田先生の評判が上がっていくっていう(笑)

田中裕二:はっはっはっ(笑)

太田光:もう、最高なんですよ、これが。

田中裕二:ねぇ(笑)

太田光:当時、駆け出しの時代に、一緒に酒飲んでた連中が。

田中裕二:ただの悪友みたいな。

太田光:そこに、当時『傷だらけの天使』のね、市川森一 大先生がいて。高田さんに「君はお笑いやって羨ましい」と。あの市川森一ですよ。

田中裕二:うん。

太田光:「僕は、はかま満緒さんのところに行って、落第生なんだ。今にお笑いの時代が来るよ」って。

田中裕二:コントを書けるっていうね。

太田光:その市川森一の言葉が、本当に嬉しかった、と。俺、涙しましたよ。いい話じゃない、それ。

田中裕二:いい話ですよ。


関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 爆笑問題,太田光,高田文夫,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題カーボーイ

本日の注目記事