TOPにけつッ!! ≫ ケンドーコバヤシ、遠くから無断撮影をしてきた男性を一喝したところ思わぬ事態「あれっ?コイツ、こんなデカかったん?」

ケンドーコバヤシ、遠くから無断撮影をしてきた男性を一喝したところ思わぬ事態「あれっ?コイツ、こんなデカかったん?」

2017.05.01 (Mon)
2017年4月23日放送の日本テレビ系の番組『にけつッ!!』にて、お笑い芸人・ケンドーコバヤシが、遠くから無断撮影してきた男性を一喝したところ、思わぬ事態に陥ってしまったと語っていた。

緊急特別番組 容疑者ケンドーコバヤシ逮捕 事件の真相に迫る・完全版
緊急特別番組 容疑者ケンドーコバヤシ逮捕  ~事件の真相に迫る・完全版~ [DVD]

ケンドーコバヤシ:俺、この間ね…一喝しちゃったんですよ。

千原ジュニア:ほう。

ケンドーコバヤシ:なんか買いに行こうとしてて、渋谷に行ってて。

千原ジュニア:うん。

ケンドーコバヤシ:「あれ?」って思ってて。ずっと、こう携帯をね、iPhoneをずっと向けてる男の子がいるんですよ、ちょっと離れたところに。

千原ジュニア:うん。

ケンドーコバヤシ:なんか、「気持ち悪いな」って。

千原ジュニア:はい、はい。

ケンドーコバヤシ:それで、ちょっと俺、イタズラ心で「撒いたろう」と思って。女性下着売り場にこう…

千原ジュニア:そこに、なかなか入って行きにくいもんな。

ケンドーコバヤシ:「どうや?」と思って。

千原ジュニア:うん。

ケンドーコバヤシ:「どうや?」と思ったら、自動ドアの向こうで、ずっとこうやってるんですよ。「何や?」と思ってたんですけど、「あ、ここ撮られたらアカンがな」って、また出たりとかして。

千原ジュニア:策士、策に溺れるやな(笑)

ケンドーコバヤシ:策士、策に溺れる(笑)で、路地みたいなところに入って。

千原ジュニア:うん。

ケンドーコバヤシ:「これやったら、もう来ぇへんやろ」と思って。路地の向こうに見えているところに、「あっ」みたいな、一瞬、そのまま通り過ぎよったんですよ。

千原ジュニア:うん。

ケンドーコバヤシ:「ああ、良かった」と思って。それで、路地でやってたら、そこにベビーカーを乗せた、若いママみたいのが来て。「あ、抱っこしてる写真、撮ってあげて下さい」「ああ、いいですよ」って。「ありがとうございます」みたいに、写真を撮ってたんです。そこも、また結局路地に入ってきて、撮ってるんですよ。

千原ジュニア:はい、はい。

ケンドーコバヤシ:「お母さん、ありがとうね。元気でな」みたいな。

千原ジュニア:はい。

ケンドーコバヤシ:「元気でな」っていうところで、泣きかけて、「あっ、ごめん」みたいになってるんですよ。

千原ジュニア:うん。

ケンドーコバヤシ:そこで、俺もうちょっと…

千原ジュニア:いくつくらいなの?

ケンドーコバヤシ:若そうなんですよ。

千原ジュニア:20歳くらい?

ケンドーコバヤシ:いや、もしかしたら高校生くらいかもしれない。

千原ジュニア:ああ、なるほど。

ケンドーコバヤシ:はい。それでもう、これちょっと言おうと思って。「ちょっと来い!」って。

千原ジュニア:おお、結構(笑)

ケンドーコバヤシ:言ったんですよ。

千原ジュニア:おお(笑)結構、思ってたんと違うね。いったね。

ケンドーコバヤシ:はい、言っちゃったんです。「お前、ちょっと来い!」って。

千原ジュニア:うん。

ケンドーコバヤシ:「お前、こうやってお願いされて撮ってんのを見て、それやったら、お前も来いや!ずっとついてこられて、カシャカシャやられたら気分悪いねん、お前!言われた撮るやろ。それ、見たやろ?来い!」って言ったら、「あっ…」みたいな。

千原ジュニア:うん。

ケンドーコバヤシ:近寄ってきたんですよ。「早よ来い!」って言ったら、近寄ってくればくるほど、「あれっ?コイツ、こんなデカかったん?」ってことに気づいて(笑)

千原ジュニア:ふふ(笑)

ケンドーコバヤシ:「ヤバッ」って思って。冬服の上からでも、肩の筋肉盛り上がってんのが見えってんですよ。

千原ジュニア:はい、はい。

ケンドーコバヤシ:「お母さん…」って言っても、お母さんもう角曲がってるから。

千原ジュニア:もう、サシや(笑)

ケンドーコバヤシ:サシ。誰もいない路地に、サシ。「お前な…」みたいな、みぞおちに向かって喋って(笑)「見てたやろ?『写真、お願いします』って言われたら撮るし、周りに迷惑がかからない状況やったら、なんぼでも撮るんです」って、「撮るんです」みたいな(笑)

千原ジュニア:後半、丸みもたせてるやん(笑)

ケンドーコバヤシ:もう、たまたまこの子が気の優しい子で。

千原ジュニア:うん、うん。

ケンドーコバヤシ:体がゴツくて、こういうことをしてしまったけど、気の優しい子で。言えなかったんでしょうね。

千原ジュニア:うん、うん。

ケンドーコバヤシ:凄く丁寧に謝ってくれて。「あの、本当に…言われてみて、初めて失礼なことをしたと思って。すみませんでした」って、頭を下げたのが、グンとくるくらい。

千原ジュニア:うん(笑)

ケンドーコバヤシ:「まぁ、気ぃ付けろよ」って(笑)

千原ジュニア:ふふ(笑)

ケンドーコバヤシ:いや、本当にね。あれで気が荒い奴やったら、俺、もう終わっていました。誰もいない路地で。シバかれるところでしたわ。


関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : ケンドーコバヤシ,千原ジュニア,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  にけつッ!!

本日の注目記事