TOP伊集院光とらじおと ≫ 伊集院光、今村 前復興相は記者へ激怒した会見について「きちんと反省があったのか?」と疑問「今、思えば」

伊集院光、今村 前復興相は記者へ激怒した会見について「きちんと反省があったのか?」と疑問「今、思えば」

2017.04.27 (Thu)
2017年4月26日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、今村雅弘 前復興相の「まだ東北でよかった」発言での辞任について、記者へ激怒した会見について、「きちんと反省があったのか?」と疑問を呈していた。

伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1
伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1

内山研二:大臣という立場の言葉が、どれだけ大きいかっていうことを、今回のケースだけではなくて、色んなところで安倍政権の閣僚っていうのは、「なんかちょっと、軽く見てるんじゃないかな?」って思えるようなね、節があると、どうしても感じちゃうんですよね。

伊集院光:そうですね。ある程度、自分たちも一応、喋る商売で。もちろん、お叱り受けることいっぱいありますから、偉そうなことはなかなか言えないんだけども。

内山研二:はい、そうですね。

伊集院光:いくつか種類の言葉と、いくつかの方向性に関しては、「あ、これはダメな方に近づいてる」とか、「ダメな表現に行きそうだ」っていうことに、頭の中で赤信号、出るもんなんですけどね。

内山研二:そうでなくてもね、その前の時点で、自主避難者に対して、「自己責任だ」ということをおっしゃってた。

伊集院光:はい、そうですね。

内山研二:あれだけの災害が起きた時に、どういう思いをされてるかという人たちが、いっぱいいるんだっていうことを、「この人は感じないのかな?」っていうのは、その時、ふっと感じたんですけどね。

伊集院光:それも言われてみるとなんですけどもね、その後、撤回・謝罪をしていくじゃないですか。そこも、声を荒げたことに対する謝罪、みたいなところにちょっとウェイトを置かれてたみたいな気がするんですよ。

内山研二:そうなんですよね。

伊集院光:冷静じゃないっていうことに対して。「いや、実はそこじゃない大元のところ、きちんと反省があったのか?」っていうと、ちょっと「今、思えば」っていうところは、なくはないですね。

内山研二:今度、後任の人は、吉野正芳さんという自民党の議員ですけどね。

伊集院光:はい。

内山研二:この方は、選挙区が福島5区です。

伊集院光:ああ、はい。

内山研二:いわき市の出身ですから、この方はきっと、被災された方たちの言葉を耳にし、自主避難を含めて避難をされている方の苦しみを耳にしている人だと信じたいので。

伊集院光:うん。

内山研二:大臣としての責任を全うして欲しいんですけどね。

伊集院光:はい。


同番組の記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 伊集院光,今村雅弘,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと

本日の注目記事