TOPたまむすび ≫ ピエール瀧、北野武監督の映画撮影現場ではスタッフの「怒声が飛ばない」と明かす「たけしさんが嫌いなんでしょうね」

ピエール瀧、北野武監督の映画撮影現場ではスタッフの「怒声が飛ばない」と明かす「たけしさんが嫌いなんでしょうね」

2017.04.23 (Sun)
2017年4月20日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、電気グルーヴ・ピエール瀧が、10月7日に公開予定となる映画『アウトレイジ 最終章』に出演し、そこで北野武監督の映画撮影現場では、意外にもスタッフの「怒声が飛ばない」と明かしていた。

アウトレイジ ビヨンド
アウトレイジ ビヨンド [DVD]

ピエール瀧:たけしさんの映画ね、現場の怒声が飛ばないです。

外山惠理:へぇ。

玉袋筋太郎:うん。ああ、飛ばないね。だからさ、若い助監さんが殴られるとか、そういうシーンがない。

ピエール瀧:とか。あと、それこそ色んな各セクションの上の人、カメラさんとか撮影部とか照明とか、色んな人が下のやつに「何やってんだ!お前。早くしろ、この野郎!」とかいうのが、たまにあるんですよね。

玉袋筋太郎:うん。

ピエール瀧:「いい加減にしろ。もういいよ、俺がやるよ」っていうような、ザワッとする瞬間がやっぱりあるんですよ。

玉袋筋太郎:「ザワッ」、あるよ(笑)

ピエール瀧:結局、映画とか撮影の現場って、ほぼ海賊なんで、みんな(笑)

玉袋筋太郎:うん、海賊だな(笑)

ピエール瀧:海賊のやり取りの中で、そういうのがあるんですけど。たけしさんの現場は、そういうのは一切なく、みんな穏やかに進んでいくんです。

玉袋筋太郎:北野組はそうなんですよ。

ピエール瀧:多分、たけしさんが嫌いなんでしょうね、その感じが、やっぱり。

外山惠理:そっか、そっか。

玉袋筋太郎:うん。自分も散々、「そういう現場を見てきた」っつってたからね。

外山惠理:へぇ。

ピエール瀧:だから、ピリッとした緊張感はあるんですけど、怖くはないです、別に。

外山惠理:ああ、そこはね。

関連記事


映画「アウトレイジ」あらすじ・ネタバレ

映画「アウトレイジ ビヨンド」あらすじ・ネタバレ


関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : アウトレイジ,北野武,ピエール瀧,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび

本日の注目記事