TOP土田晃之 日曜のへそ ≫ 土田晃之、アンジャ渡部の若手時代は今の面影が全くなく「超ダサイ」と暴露「髪型もダサイし、度のきついメガネかけて」

土田晃之、アンジャ渡部の若手時代は今の面影が全くなく「超ダサイ」と暴露「髪型もダサイし、度のきついメガネかけて」

2017.04.18 (Tue)
2017年4月16日放送のニッポン放送系のラジオ番組『土田晃之 日曜のへそ』(毎週日 12:00-14:00)にて、お笑い芸人・土田晃之が、アンジャッシュ・渡部建は若手時代、今の面影は全くなく、「髪型もダサイし、度のきついメガネかけて」といった様子であったと明かしていた。

納得させる話力
納得させる話力

土田晃之:本当に良かったなって思って。渡部とはね、20歳そこそこくらいの時から。年も一緒ですし。

もうね、ずっと。渡部はウチの実家にも泊まりに来てますし。バナナマンの設楽統と大宮の実家に来てますし。なんなら、ウチの嫁さんと同棲してた板橋の家も、渡部来てますからね、1人で。

その時の渡部の写真、本当に公開したいですもん。超ダサイですよ。髪型もダサイし、度のきついメガネかけてて。今の渡部の要素ないですよ。公開します?ダセェ渡部の写真(笑)

でもね、設楽統も言ってたけど、児嶋と渡部って高校の同級生なんだけど、児嶋の方が先にお笑い始めてたんだよね。JCAっていう、人力車の養成所に入ってて、で、渡部に声をかけた時は、大学生だったの、横浜の方の。神奈川大学に行ってて。

で、実はチャラけてたんだよね。その時、まだバブルの残り香があるくらいの時代だったんで。まだ、港区の方にディスコがあったりとか。そこに渡部は行ったりとかしてたんです。

僕らなんかは、高校卒業してすぐこっちの世界入ってるから、そういう華やかなところ、全く見ず、一番お金がない時がバブルの時だったんで。だから、渡部はチャラいのちょっと経験してからこの世界きたんだよね。


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 土田晃之,アンジャッシュ,渡部建,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  土田晃之 日曜のへそ

本日の注目記事