TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光、Netflixやradikoなどタイムフリーでの視聴が当たり前の世の中で生じる悩み「どう番組を作っていけばいいのか」

伊集院光、Netflixやradikoなどタイムフリーでの視聴が当たり前の世の中で生じる悩み「どう番組を作っていけばいいのか」

2017.04.12 (Wed)
2017年4月10日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、Netflixやradikoなどタイムフリーでの視聴が当たり前となっている世の中で、「どう番組を作っていけばいいのか」と悩むようになった、と語っていた。

伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1
伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1

伊集院光:(『11/22/63』の)第二話を観てたら、ジョン・F・ケネディの暗殺について、基本ラインみたいなことを押さえてないと、あんまりついていけない、もしくは「60年代のアメリカを上手くやってるよね」みたいなことがある程度あってこそ。100じゃなくていいけど、じんわり染み付いてないとダメなもの。

ロビン・ウィリアムズが出てたさ、オヤジになった後のピーターパンの映画を観たときにさ、ピーターパンの基本ラインって、俺は桃太郎ほど知らねぇじゃん。だから、どこが面白いのか、ちょっとピンとこない、置いてかれた感あるじゃん。

そうすると、ジョン・F・ケネディって、基本ラインではこういうことが言われてて、「よく言われてる陰謀論はこんなことで、結果こうなんだ」ってこととか、「60年代のアメリカっぽいよね、これ」みたいなことの、多少の土壌がないと、100%は楽しめない気がするっていうことと、どうやらもう質問をもう受け付けないっていう(笑)

それが面白いときもあるんだけど、突飛な初期設定は動かないんだけど、そういうところに置かれた時の人間の思うこと、とかみたいなのはえらい細かい設定みたいなバランスに、上手く入れなかったから。

「これは俺、おっかけるのムリだな」ってなったの。で、hulu観たら、全9話。ワンシーズンの全9話、もう全部観られるの。色んなドラマにもよるんだけど、特にNetflixに多いんだけど、Netflixが制作費出してるアメリカでやってるような連続ドラマって、一気に全話公開なんだよ。

毎週火曜日に新しいのダウンロードじゃないの。この『11/22/63』は一週間ごとで配信されたのがもう溜まってた状況で。しかも一話だけ地上波でやって「どうぞ食いついてください」ってパターンなんだけど。

Netflixが多いのは、ドンッていきなりワンシーズン分だけ全部出して、「好きなだけ、好きなタイミングで見ればいいじゃん」ってパターンになるわけ。

俺の思うテレビの付き合い方が変わってると思ったのが、「俺、もうこれ続かないわ。9話あっても観ないわ。でも、どうなったか知りたいから、最終話観る」っていう。最終話の後半だけ観るっていう。俺からしたら、「ああ、なるほど。こうなったのね」って、結局俺の中で終わったの。

短い『11/22/63』の視聴期間は終わったんだけどさ。俺、テレビ観る側でもあるけど、ラジオ出る側・作る側でもあるじゃんか。そうすると、色んな視聴環境・聴取環境って凄い変わってるでしょ。

そうすると、いつのまにかエリアフリーになったり、タイムフリーになってるじゃん。そうすると、物凄い色んな立場でみんな…だって、昔の見方、テレビにあり方で言えば、『11/22/63』の制作している人側からしたら、こんな失礼な見方ないじゃんか。

ないけど、「観る側は観る側で勝手だよ」って思ったりするじゃんか。そうすると、一たび今度、出る側、作る側ってことからすると、「ああ、そういうことか」みたいなことがその中で変に理解できてきて。

今、タイムフリーで聴いてる人もいれば、生で聴いてる人もいるじゃんか。そうすると、いつも思うんだけど、タイムフリーが出来てから、ずっとツイッターに「今聴いたんですけど」っていう。

前後の文脈もなく「あそこ面白かったですね…ポスターって」って書かれても、ポストハーベスターを「ポスター」って略すどうしようもないヤツなんて、基本、今は覚えてますけど、水曜日に覚えてたら死んでるよ、こっちは(笑)

そんな思いつきで言ってるようなダジャレ、忘れてますけど。でも、タイムフリーで聴いてくれてる人は、そのタイミングでリアルタイムの俺のところに今、アクセスできるわけじゃん。そのツイッターで言えば。

その混乱って分かります?あと、タイムフリーがメインの世の中になっていくと、俺が『11/22/63』に勝手にしてるのと一緒で、聴いてる人は自由です。全部自由だから、俺の言い分、俺が思ったことに過ぎないんですけど。

俺が生放送にこだわって、生放送をやるのは俺の勝手であって、聴く側がどう聴こうが、そっちの勝手だから。タイムフリーがメインになっていくと、生放送ってどうして俺がするのかよく分からない。

もちろん、それが1人でも2人でも生で聴いてくれてる人の方がいいし、信じるし。もっと言えば、生じゃないヤツのやり方分かってないみたいなところがあるから。その色んなアプローチの仕方が全然違う、みたいなこと。

テレビはネットを通しても観れば、スマホで観る人もいれば、超巨大な4Kで観る人もいて、みたいなことと、結果、「これはどういうつもりで俺は作っていったりとか、どういうつもりで出ていけばいいんだ?」みたいな。


同番組の記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 伊集院光,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

本日の注目記事