TOPたまむすび ≫ カンニング竹山、ハーフタレントに必ず「どことのハーフ?」と質問することに疑問「失礼じゃない?」

カンニング竹山、ハーフタレントに必ず「どことのハーフ?」と質問することに疑問「失礼じゃない?」

2017.04.11 (Tue)
2017年4月10日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、お笑い芸人・カンニング竹山が、ハーフタレントに必ず「どことのハーフ?」と質問することに疑問を呈していた。

カンニング竹山 単独ライブ「放送禁止2015」
カンニング竹山 単独ライブ「放送禁止2015」 [DVD]

カンニング竹山:先ほど、小田嶋さんちょっとおっしゃっていましたけど、別にこれ、同性カップルじゃなくて(同性カップルが養子の里親として認定されたとの報道を受け)、今、東京の小学校なんかに行くと、ハーフの子がいっぱりいるわけですよね。

小田嶋隆:そうですね。

カンニング竹山:それで子供たちは普通に友達として、「おい、吉田」って、普通に遊んでいるわけですよ。

吉田明世:はい。

カンニング竹山:逆に大人が、意識し過ぎているというか。

小田嶋隆:そうですね。

吉田明世:やっぱり偏見というのは、大人が教えてしまっているものなんですかね。

小田嶋隆:まぁ、「偏見」っていうわけでもないんでしょうけど、大人ってやっぱり凄く考え過ぎちゃいますから。子供はわりと、「同じ教室だから、友達でしょ」くらいに簡単に考えている可能性がありますよね。

カンニング竹山:テレビ番組なんかでもね、特にバラエティなんかでも、そういう子が出てきたり、ハーフの子が出てきた時に、必ず「ハーフなの?どことどこのハーフ?」って訊くんだけど、俺、訊かなくて良いと思うんですよ。

吉田明世:ああ、もう要らない、と。

小田嶋隆:そうですね。

カンニング竹山:「訊くこと、失礼じゃない?日本で暮らして、日本国籍で暮らしているんだから」っていう。「毎回、それを訊くのはどうなのかな?」って、ちょっと疑問に最近、思ってます。


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : カンニング竹山,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび

本日の注目記事