TOP極楽とんぼ オレたちちょこっとやってまーす! ≫ 加藤浩次、山本圭壱との仕事は「失敗できない」という思いから「プレッシャーに潰されそう」になると告白

加藤浩次、山本圭壱との仕事は「失敗できない」という思いから「プレッシャーに潰されそう」になると告白

2017.04.10 (Mon)
2017年4月8日放送のMBSラジオのラジオ番組『極楽とんぼ オレたちちょこっとやってまーす!』(毎週土 25:20-25:50)にて、極楽とんぼの加藤浩次が、相方・山本圭壱との仕事は、「失敗できない」という思いから「プレッシャーに潰されそう」になると告白していた。

この差って何ですか?


山本圭壱:お前、めちゃめちゃ緊張しとるやないか。

加藤浩次:いや、緊張するよ。

山本圭壱:え?

加藤浩次:俺、本当にイヤなんだよ、お前とやる仕事。

山本圭壱:どういうことだよ?

加藤浩次:緊張すんだもん。

山本圭壱:やってこうぜ、慣れていけよお前、俺に。

加藤浩次:いや、もう…

山本圭壱:リニューアルした俺に慣れてけって。

加藤浩次:いやもうだってさ…もう、緊張する。本当ね、何だろうな?…俺は本当にもう、何だろうな、より緊張するようになったというか、10年ぶりで、やっぱり失敗もできないと思うじゃない?

山本圭壱:いや、まぁ確かにな。

加藤浩次:何が失敗か、何が成功なんて分からないよ。

山本圭壱:うん。

加藤浩次:でも、やっぱり「面白かったね」って言ってもらいたいしさ、2人でやる以上ね。

山本圭壱:うん。

加藤浩次:そのプレッシャーが凄いの。

山本圭壱:まぁ確かにな、何だろうね。

加藤浩次:もう2人でやる時の、失敗できないっていうプレッシャーに俺、潰されそうだよ。

山本圭壱:うん、まぁそこはなぁ…俺が、「大丈夫だよ」って言えるほど、俺も力はないしな。

加藤浩次:ふふ(笑)

山本圭壱:俺もそこまでさ、力ねぇし。

加藤浩次:いや、違うのよ。

山本圭壱:ある意味、お前にやっぱりおんぶに抱っこの部分はさ、未だにあるからさ。そこはさ、そんなこと言うなよ、お前も。もっと強くなれよ。

加藤浩次:ふふ(笑)

山本圭壱:お前、弱音吐くなよ。

加藤浩次:俺さ、そこのプレッシャーって何なのかなって。

山本圭壱:プレッシャー、プレッシャー言うなよ。言うからプレッシャーを感じるんだよ。

加藤浩次:考えた。

山本圭壱:らしくいけよ。

加藤浩次:考えたんだよ。プレッシャーが何なのかなって考えたの。これだから、10年前と山本が変わってない。あなたがね、山本さんが変わってないっていうことに焦ってんだと思う、俺。

山本圭壱:あ、俺が変わってなさ過ぎることに?

加藤浩次:そう。

山本圭壱:焦りを感じてる?

加藤浩次:焦りを感じている。

山本圭壱:しょうがないじゃん、どうしろって言うんだよ、じゃあ。

加藤浩次:何かネタを仕込んでくるようになる、とか。「加藤どうだ?こういうネタをやってみないか?」って言うとか。「俺、こういうことをやってみたいんだ」とか言うとかね。

山本圭壱:提案をな。

加藤浩次:提案を、10年間いろいろ温めたものとかあったりしてね。

山本圭壱:うん、うん。

加藤浩次:言うのかなって思っていたんだけど、全く変わってなかったから。

山本圭壱:まぁな…

加藤浩次:それにやっぱり俺、ビビッてるんだよね。


関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 加藤浩次,山本圭壱,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  極楽とんぼ オレたちちょこっとやってまーす!

本日の注目記事