TOPおぎやはぎのメガネびいき ≫ おぎやはぎ矢作、高校時代に初めて小木へ話しかけた言葉は「近くにいい中華屋あるから行こうぜ」

おぎやはぎ矢作、高校時代に初めて小木へ話しかけた言葉は「近くにいい中華屋あるから行こうぜ」

2017.04.09 (Sun)
2017年4月6日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『おぎやはぎのメガネびいき』(毎週木 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・おぎやはぎの矢作兼が、高校時代に初めて相方・小木博明へ話しかけた言葉は、「近くにいい中華屋あるから行こうぜ」だったと明かされていた。

JUNK おぎやはぎのメガネびいきオフィシャルブック『めがね』
TBSラジオ『JUNK おぎやはぎのメガネびいき』オフィシャルブック『めがね』 (タツミムック)

リスナーメール:山形から東京へ引っ越してきて今日、東京の入学式です。そこでお2人に質問です。知らないクラスメイトに話しかけるコツなどありますか?

小木博明:ああ、コツか。知らないクラスメイト?

矢作兼:だから、初対面だよね。初めて同じクラスメイトになる人なんて。

小木博明:うん。

矢作兼:だから小木がよく言うけど、俺はあんまり覚えてないけど、俺が小木に話しかけた時は、「いい中華屋がある」って言ったんだろ?

小木博明:そう、「近くにいい中華屋あるから行こうぜ」って。

矢作兼:ふふ(笑)


関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : おぎやはぎ,矢作兼,小木博明,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  おぎやはぎのメガネびいき

本日の注目記事