TOPたまむすび ≫ 山里亮太、赤江珠緒の『たまむすび』卒業でラジオ生放送中に号泣「本当に楽しかったからさぁ、赤江さんとやってて」

山里亮太、赤江珠緒の『たまむすび』卒業でラジオ生放送中に号泣「本当に楽しかったからさぁ、赤江さんとやってて」

2017.03.30 (Thu)
2017年3月29日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、同局の番組『たまむすび』からフリーキャスターの赤江珠緒が卒業することについて語り、生放送中に泣き出してしまっていた。

もっとたりないふたり ─山里亮太と若林正恭─
もっとたりないふたり ─山里亮太と若林正恭─ 5枚組(本編4枚+特典1枚) [DVD]

山里亮太:「(『たまむすび』の)エンディングは2分くらいあるかな」って。2分だったら、明日の紹介して、俺の打席来て、40秒くらい喋れるかな、と。

40秒だったら伝えられる、と思って。で、最後の時を待つわけ。「赤江さんにお礼を言おう」と思って。

前のコーナー終わって、CM入りました。そこで俺、「持ってる」って言っていいか分からないんですけども。そこでですね、驚きなんですけど、臨時ニュースが入りまして(笑)

ラジオって、臨時ニュース命だからね。大事だもんね。生放送でやってることの一番重要なのは、急なニュースに対応できるってことがデカイじゃない?臨時ニュースは動かしようがないから、入ったわけですよ。

結構、大きめなニュースが入って。「ニュースデスクの○○さん」って渡すわけ。で、ニュースデスクは、臨時ニュースを淡々と読む、と。で、俺は右手の方にね、時計が置いてありますから。

赤江さんも、「山ちゃんって感じだね(笑)」みたいなことを言って。で、戻ってきた時には、10秒くらい。しかもまだ、挨拶もしなきゃいけないから、自分の。

「赤江珠緒と、町山智浩と山里亮太でした」って言った時に、残り3秒くらいだったの。でも、3秒で伝えること、一個だけ持ってたの。これは言ったらダメだって思ったけど、俺は言えたのよ。「楽しかった」って。

それで終わったんだけど。これはタイムフリーとかでも聴けるじゃない。自分で言ったらダサイんだけど、昨日の『たまむすび』を聴いていただくと、「ああ、楽しかった」って言ってるの。

昨日の放送ももちろん楽しかったんだけど。僕は、「ああ、楽しかった」に…ダメなんだよ。これダメなんだよ。本当に楽しかったからさぁ、赤江さんとやってて。…はぁ、ごめん。曲行こうか。…本当ダメだ(笑)俺、ダメなんだよ、ごめん。


関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 山里亮太,赤江珠緒,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび

本日の注目記事