TOPたまむすび ≫ 赤江珠緒、小林悠『たまむすび』降板で動揺している際にカンニング竹山に支えられたと明かす「私がヨロヨロして…」

赤江珠緒、小林悠『たまむすび』降板で動揺している際にカンニング竹山に支えられたと明かす「私がヨロヨロして…」

2017.03.29 (Wed)
2017年3月27日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、フリーキャスターの赤江珠緒が、同番組の金曜日の枠を、小林悠アナが降板することになった際、ショックを受けていたのを、月曜日パートナーのカンニング竹山に支えられたと明かしていた。

この差って何ですか?


カンニング竹山:やっぱり、時が経つとやっぱり色んなことがありますから、色んなことが変わってきますから。

赤江珠緒:いや、本当よ。

カンニング竹山:ねぇ。それはそれでね、人生色々ね。

赤江珠緒:そうです。

カンニング竹山:楽しいところですよ。

赤江珠緒:『たまむすび』では、金曜日担当して下さっていた、小林悠アナウンサーね。

カンニング竹山:はい。

赤江珠緒:ナタリー(小林悠)が離れる、ということがありましたけど。その時に、色々話をした放送も、月曜日だったんですよ。

カンニング竹山:ああ、そうだったね。

赤江珠緒:だから、竹山さんと放送させてもらえたので。

カンニング竹山:うん。

赤江珠緒:ヨロヨロと私がね、ヨロヨロしているのをね、叱咤激励していただきながら。

カンニング竹山:ああ、それもありましたね。そういう時もね。

赤江珠緒:ご一緒させていただきましたね。

カンニング竹山:あと、面白いところで言うと、僕の前の前任の大木(ビビる大木)ちゃんいるじゃない?

赤江珠緒:うん、うん。

カンニング竹山:大木ちゃんと、赤江さんと俺で、『笑っていいとも!』に出るという。

赤江珠緒:ああ、そう、そう。

カンニング竹山:よく分からない、スリーショットで出るというのもね。

赤江珠緒:そうですよね。

カンニング竹山:ありましたね、何かね。

赤江珠緒:『たまむすび』リスナーだけがわかる、このザワッと感(笑)

カンニング竹山:そう、分かる。

赤江珠緒:はっはっはっ(笑)

カンニング竹山:テレビの人は、別に偶然知らないから、キャスティング決まっただけでさ。

赤江珠緒:そう、そう。そうなんですよ。

カンニング竹山:そういうこともありましたしね。

赤江珠緒:月曜日の大木君はね、なんか未だに時々ね、「歴史の会」と言って飲んだりしていますよ。

カンニング竹山:あ、そうですか。

赤江珠緒:たまむすびを辞めてからの方がね、ご飯行ったりしてね。不思議な感じですね。はっはっはっ(笑)あの人も、よく分からないですけれども。

カンニング竹山:だからね、そういうことになるんですよ。

赤江珠緒:そういうご縁というのは、ありがたいことでございますね。


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 赤江珠緒,カンニング竹山,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび

本日の注目記事