TOPたまむすび ≫ 博多大吉、ラジオ番組スタッフが入局したそれぞれの志望動機に驚く「パーソナリティの夢破れ…」「TVを観せてもらえず…」

博多大吉、ラジオ番組スタッフが入局したそれぞれの志望動機に驚く「パーソナリティの夢破れ…」「TVを観せてもらえず…」

2017.03.23 (Thu)
2017年3月22日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、お笑いコンビ 博多華丸・大吉の博多大吉が、同番組のスタッフが入局した、それぞれの志望動機について聴取した内容を語っていた。

博多華丸・大吉式ハカタ語会話
博多華丸・大吉式ハカタ語会話

赤江珠緒:先週もね、『たまむすび』終わったあとで、ここで東スポの原稿を書かれてたじゃないですか。

博多大吉:ああ、書きました。

赤江珠緒:我々、スタッフのアンケートをもとに、「どうやってラジオに入ってきたのか?」っていう。

博多大吉:そう。隔週か、東スポの方で連載させてもらってる、「博多大吉のなんでもランキング」っていうのでね。

赤江珠緒:うん。

博多大吉:もう、何年もやってるんで、ランキングのネタがないんですよ(笑)

赤江珠緒:うん。

博多大吉:だから、今回は『たまむすび』のスタッフさんに聞く、「私がラジオに関わるようになった、ラジオの世界に入ってきた理由」ランキングっていうのを皆さんから一言ずついただいた。

赤江珠緒:「いただく」ってより、「述べよ」って(笑)

博多大吉:ふふ(笑)

赤江珠緒:「とにかく述べよ」みたいな感じで。でも、雑談として私達知ってただけで、その中でパチパチ原稿を書かれてたじゃないですか、打ち込んで。

博多大吉:はい。

赤江珠緒:アレでよく文章になりましたね。

博多大吉:いや、その辺はなんて言うのかなぁ、売れてる秘密なのかなぁ。

赤江珠緒:ふふ(笑)

博多大吉:ごめんなさい、心の声が。

赤江珠緒:ふふ(笑)

博多大吉:いや、僕ね、でも昔から聞きたくって。

赤江珠緒:はい。

博多大吉:世代的にラジオの黄金時代じゃない時代でしょ、僕らって。

赤江珠緒:うん、そうか。

博多大吉:ラジオから流れてくる、落語が楽しみだったって、そんな昭和30年代じゃないから。

赤江珠緒:はい。

博多大吉:今、若いじゃないですか、『たまむすび』のスタッフさんって。だから、どうやってね、ラジオの世界に入ってきたかが、ちょっと知りたかったの、実は。

赤江珠緒:うん、なるほど。

博多大吉:で、飲み会で聞いてもさ、飲みすぎてもう次の日忘れてるから(笑)

赤江珠緒:ふふ(笑)

博多大吉:改めて聴いてみたら、面白かったですね。もう紙面に載ったから言うけどね、この水曜日のディレクターの久保田君は、「家のしつけが厳しくて、一週間に一時間しかテレビを観せてもらえなかった」と。

赤江珠緒:時間制限があってね。

博多大吉:そういう家庭で育ったから、いつの間にかラジオを聴くようになって。普通にラジオが当たり前の世界だった、と。

赤江珠緒:ねぇ。

博多大吉:これは僕、ビックリしましたね。

赤江珠緒:うん。むしろ厳しいご家庭だったからっていうのがね、「へぇ」って思いましたね。

博多大吉:そう。補足すると、小学校時代、みんな学校では『ボキャブラ』ブームで、『ボキャ天』の話をずっとしてて。でも、久保田君は一週間の内に使える一時間を、『ドラゴンボール』と『スラムダンク』に費やしてたから、『ボキャブラ』が観れなくて、「爆笑問題ってなんだ?」「ネプチューンって、なんのことをみんな言ってるんだろう?」って、ラジオ欄で探したのよね。

赤江珠緒:なるほど、なるほど。

博多大吉:そこから爆笑問題さんのラジオを聴くようになって、ラジオにのめり込んで、TBSラジオにやってきた、と。王道ですよね。

赤江珠緒:そうですよね。あとは、「パーソナリティになる夢が破れたから」とか。

博多大吉:金曜のディレクターですね。三船くんですね(笑)

赤江珠緒:そんな野望を抱いていたとは、知りませんでした(笑)

博多大吉:三船君も、元々は実家の山形の超田舎で、普通にラジオがあった、と。農作業の場とか、そういうところなんでしょ?とにかく、子供の頃からラジオを聴いてて。

赤江珠緒:牛もいるご家庭だからね。

博多大吉:そう、そう。

赤江珠緒:色んなところにラジオがあって、移動距離も長いから、ラジオを聴いてて。

博多大吉:クルマの中でも、ずっとラジオを聴いてて、コミュニティFMが山形でできて、そこへ高校生パーソナリティとして出演することになったから、「あれ?俺もパーソナリティになれるんだ」って上京してきて、夢破れ、現在に至るっていう(笑)

赤江珠緒:ふふ(笑)いやぁ、5年間付き合ってますけど、知らなかったですね。

博多大吉:作家の吉井さんは、たけしさんのオールナイトニッポンが好きで。

赤江珠緒:憧れてね。

博多大吉:「なんとか、この世界に行く方法はないか」と。周りを見回したところ、たまたま大学の先輩が、違うオールナイトニッポンの構成作家さんで。

赤江珠緒:うん。

博多大吉:作家さんの先輩のコネをフルに使って。

赤江珠緒:うん。

博多大吉:癒着、癒着で(笑)

赤江珠緒:潜り込むことに成功した、という。

博多大吉:最後に、ウチのプロデューサーアベコ(阿部千聡)は、就職活動が実ったっていう(笑)

赤江珠緒:ふふ(笑)本当に(笑)

博多大吉:これも、アベコも上京してきて、慶応大学なんやね、アベコ。見直しましたよ、ごめんなさい、本当に。

赤江珠緒:ウチのプロデューサーね。

博多大吉:慶応大学に合格して、上京してきて最初に入居したマンションに、有線放送がついてて。

赤江珠緒:あったよね、有線放送って。電車の音とか流せたりね。

博多大吉:そう、そう。アリバイ工作みたいな(笑)

赤江珠緒:そう、そう(笑)

博多大吉:演歌ランキングとか、J-POPとかあって。その中に、ラジオの項目があって、それが無料で部屋で聴けたから、テレビよりいつの間にかラジオを聴くようになって。就職活動の時に、なんとなく受けたら、なんとなく受かって。

赤江珠緒:はっはっはっ(笑)

博多大吉:なんとなくここに居るんでしょ?(笑)

赤江珠緒:今に至る、と(笑)色んなきっかけがありますね。

博多大吉:だから、春から新生活を迎える方なんかはね、本当になんか変わるかもしれないですよ。


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 博多大吉,赤江珠緒,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび

本日の注目記事