TOP山里亮太の不毛な議論 ≫ 山里亮太、番組プロデューサーに「センターマイクなしで漫才を」と言われて愕然「センターマイクって、漫才やる上で命」

山里亮太、番組プロデューサーに「センターマイクなしで漫才を」と言われて愕然「センターマイクって、漫才やる上で命」

2017.03.23 (Thu)
2017年3月22日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、番組で漫才を披露する際、「センターマイクなしで漫才を」と言われ、愕然としたと語っていた。

もっとたりないふたり ─山里亮太と若林正恭─
もっとたりないふたり ─山里亮太と若林正恭─ 5枚組(本編4枚+特典1枚) [DVD]

前の記事:山里亮太、女性プロデューサーに漫才のネタを収録直前に変えるように言われ脳内で毒づく「なんだ、ババァ!この野郎」からの続き

山里亮太:(番組収録直前にネタを変えろとの指示の他に)そこにもう一つ素敵な言葉がきましてですね(笑)「あの、センターマイクなしで大丈夫ですか?」って(笑)「え?」って。「マイクはなしで?どういうことですか?」って。

「いや、パッとネタをやってもらう感じなんで」って言われて、またカラ~ン、コロ~ン「よぉよぉよぉ!センターマイクなし?随分とじゃないか。おい、ババァ!」って。…俺は、もう一人作った別人格の蝮さんってことで、俺のババァ発言は、緩和されてるんだろうか?(笑)

それはいくらなんでもって。「それだけは、せめて勘弁してください」「分かりました。やってくれるんでしたら」ってなったけど。

「マイクのあるなし、そんなに変わる?」って思ってる方がいらしたら、漫才師にとって、センターマイクって…正直、会場が原っぱでもなんでもいいのよ。センターマイクさえあれば、その瞬間に漫才のステージになるわけ。逆に言うと、センターマイクがないと、漫才師のステージじゃないの。

普通にトークしてる感じになるから、そうすると、スイッチが入らないで、漫才ってできないから。「今、何なんだろう?」って。見方も分からないし。立ち位置もぼんやりしてくるから、漫才がボヤけちゃうの。センターマイクって、漫才やる上では命なんだけど、それすらもなしでって言われたときに「うわぁ…」って。

僕ら、生意気にも…「最近、お前らネタやり始めたばっかのくせに生意気だ」って言うかもしれないけど、ネタって凄く大切なもんっていうか、一生懸命作って。その一生懸命作ったネタに対して、凄い大切に思ってくれる人たちがこの前の『ENGEIグランドスラム』で時間とかカット割りとかお客さんの演出とか、

そういうので凄くみんなが作ってくれた久しぶりの南海キャンディーズのネタで、本当にありがたかったの。ネタに対する打ち合わせもスゲェ一個一個やってくれるし。そういう人たちと作ったネタを、壊したくないっていうのがあったから。本当にそれはショックでね。

でも、これは番組は一切悪くないのよ。番組はだって言ってたんだもん、ウチに。吉本興業に。「こういうネタをやってください」って。女性のプロデューサーは、何の悪気ないと思うから、俺が全部悪いんですよ。ちゃんと、常にどんな状態でも、ストックの中にあるネタを、全力で完璧にやれるほどまだ腕がなかったっていう俺が悪いんだけど。


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 山里亮太,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  山里亮太の不毛な議論

本日の注目記事