TOPたまむすび ≫ ジェーン・スー、美貌や若さなど「目減りする資産」でオイシイ思いをしようとする女性に指摘「アンタ、5年後どうすんの?」

ジェーン・スー、美貌や若さなど「目減りする資産」でオイシイ思いをしようとする女性に指摘「アンタ、5年後どうすんの?」

2017.03.22 (Wed)
2017年3月21日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、音楽プロデューサー・コラムニストのジェーン・スーが、美貌や若さなど「目減りする資産」で男性にチヤホヤされ、オイシイ思いをしようとする女性に、「アンタ、5年後どうすんの?」などと指摘していた。

貴様いつまで女子でいるつもりだ問題
貴様いつまで女子でいるつもりだ問題 (幻冬舎文庫)

ジェーン・スー:マジで分かんない。会ったことのない村人(注釈:男性に奢ってもらうのが当然と思う女子たち)に、私は訊きたい。人のカネで飯を食うと、ポイントでも貯まんのか?

山里亮太:はっはっはっ(笑)

ジェーン・スー:TSUTAYAポイントとか貯まんのか?

赤江珠緒:確かにね。

山里亮太:絶対、そんなことをしたら評価を下げるのに、分かっててもやるっていうことは、なんかポイントがないとね。おかしいよ、人として。

ジェーン・スー:そう、そう。寿命が延びるとか、肌がプリプリするとかさ、あるんだったらまだ分かるけど。

井上貴博:カネ払わないで、寿命も延びるの?(笑)

赤江珠緒:その分、対価をあげたという意識があるのかしら?

山里亮太:そう。だから、その村の人達は、「お前らみたいな奴に、飛行機に日頃乗っている私たちが、降りてきてやったぞ」と。

赤江珠緒:いや、いや(笑)

山里亮太:「さぁ、貢げ」と。

井上貴博:ふふ(笑)「ほれ、ほれ」と。

山里亮太:「人が来てやったから、泥人形たちよ。お前らのもてなせるだけのことをもてなせよ」っていう、それが「元を取ろう」になるわけですよ。

赤江珠緒:ああ。

ジェーン・スー:本当に、真顔で言いたいんですけど、それってつまり、綺麗とか希少価値だとか、可愛いとか。そういうことじゃないですか。確実に、目減りしていく資産じゃないですか、日ごとに。

山里亮太:そうね。

ジェーン・スー:目減りしていく資産で商売をしようなんて、それで取引をしようなんて。

赤江珠緒:はっはっはっ(笑)

ジェーン・スー:「アンタ、5年後どうすんの?資産形成」っていう話ですよ。

赤江珠緒:商売人(笑)

井上貴博:そうです、そうです。いやでも本当、ちょっと考えれば分かることだと思うんですけど。多分、そこを考えていない。

ジェーン・スー:だって、誰も払ってくれないよ、そしたら。

赤江珠緒:でも、それを払うのが当然っていう文化は、何なんですか?井上さんの周りの男子たちは。

井上貴博:でも、その村にいます。払わないと、やっぱり言われるしね、どうせ。

ジェーン・スー:赤江さん、もう目が飛び出そう(笑)

赤江珠緒:はっはっはっ(笑)ポロンって今、落ちそうだった(笑)

井上貴博:いやだから、そういう村じゃない人と会うと、物凄くキュンとします。

山里亮太:ああ、逆にね。

井上貴博:払う、払わないのキャッチボールとかを、5回とかなったら、もう好きですね。

ジェーン・スー:当たり前だよ。どうしたの?人間としての尊厳は、どうしたの?

山里亮太:井上さんね、自分の資産価値を低く見積もり過ぎてる。君、良い物件よ。

赤江珠緒:はっはっはっ(笑)

ジェーン・スー:不動産屋さんだ(笑)

山里亮太:良い物件だけどね。


関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : ジェーン・スー,山里亮太,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび

本日の注目記事