本日の注目記事

長渕剛、哀川翔の高音ボイスに「ノリ軽いよ、お前。一オクターブ低く喋れ」と言ったと明かす

2017.08.22 (Tue)
2017年8月21日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、シンガーソングライター・長渕剛が出演し、俳優・哀川翔の高音ボイスに「ノリ軽いよ、お前。一オクターブ低く喋れ」と言ったと明かしていた。

BLACK TRAIN
BLACK TRAIN(通常盤)

伊集院光:ついこの間、哀川翔さんが番組に来て。

長渕剛:うん、うん(笑)

伊集院光:「長渕さん、どんな人ですか?」って、CM中に訊いたんです。

長渕剛:うん。

伊集院光:「あの人、凄いね」って、カブトムシを前にね。

長渕剛:はっはっはっ(笑)

伊集院光:「あの人、凄いね」って話をしてて。「芯は何も変わってないのに、変化する人もいない」って仰ってたんですね。分かります?そう思われてる感じ。

長渕剛:まぁ、変わりようがないかもしれないね。変わろうっていったってね。

伊集院光:うん。

長渕剛:ただ、新しいものとか、そういったものには非常に興味あるんですよ。

伊集院光:そこをね、新しいものを出すたびに、新しいことをやるたびに、「これは、長渕剛じゃない」って、周りが言うじゃないですか。

長渕剛:うん(笑)
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと

伊集院光、長渕剛本人にFNS歌謡祭での「どうかしてる」パフォーマンスについてインタビュー「怒らないで下さいね…」

2017.08.22 (Tue)
2017年8月21日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、シンガーソングライター・長渕剛本人に、FNS歌謡祭での「どうかしてる」パフォーマンスについて、インタビューを行っていた。

BLACK TRAIN
BLACK TRAIN(通常盤)

伊集院光:僕、怒られるの覚悟で言いますけどね、長渕剛さんの僕の最大の褒め言葉は、「どうかしてる」って思うことで。

長渕剛:はっはっはっ(笑)

伊集院光:怒らないでくださいね。それはね、ファンであるところの後輩の小田とかには、ちょっと怒られるんですけど、FNSで『乾杯』歌ったじゃないですか。

長渕剛:うん、うん。

伊集院光:知ってる奴全員に、「おい、長渕がどうかしてる!」っていう電話をしたんですけど。

長渕剛:はっはっはっ(笑)

伊集院光:でも、どうかしてる人、少ないじゃないですか。

長渕剛:うん、うん。

伊集院光:予定調和の人ばっかりで。僕の中では、最高の褒め言葉なんです。

長渕剛:ふふ(笑)どうかしてる…つまんねぇだろ、同じ歌を歌ってもね。その昔、俺、友達に一緒に音楽やってた奴が、「結婚するときに、お祝いの歌でも書こうや」って、大阪のサンケイホールで作った歌なんだよね。

伊集院光:はい。

長渕剛:あの時代の『乾杯』だから。今の時代、「乾杯」なんか言ってらんないでしょ?だって。

伊集院光:まぁ、そうですね。

長渕剛:だから、ああいう形になったんだけど。大体、ヒット曲なんていうのを、ずっと歌うっていうのが、好きじゃないのよ。

伊集院光:ふふ(笑)
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと

長渕剛、前妻・石野真子との離婚を語る「愛し合ったのだというその事実は、宝物のように残っていく」

2017.08.22 (Tue)
2017年8月21日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、シンガーソングライターの長渕剛が、前妻・石野真子との離婚について、「やっぱり、愛した人と添い遂げられなかったいうのは、どんな人でもキツイ」「愛し合ったのだというその事実は、宝物のように残っていく」などと語っていた。

BLACK TRAIN
BLACK TRAIN(通常盤)

伊集院光:30代、少し音楽性が変わりますよね?

長渕剛:うん、うん。

伊集院光:きっかけというか、思いってありますか?

長渕剛:演じたことも大きかったと思うんだよ。それで、一つ目の幸せが壊れた。離婚をしたっていうのも大きかったし。

伊集院光:はい。

長渕剛:やっぱり、愛した人と添い遂げられなかったいうのは、どんな人でもキツイからね。苦しいからね。

伊集院光:うん。

長渕剛:人には分からないよ、理由なんてね。

伊集院光:うん。

長渕剛:記者会見でテロテロ、テロテロやったって、そんなものは上澄みだけであって。その別れた者同士が持ち続けていく、「愛し合ったのだ」というその事実は、キラキラ、キラキラ宝物のように残っていくし。

伊集院光:うん。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと

伊集院光、岡山県の渋川動物公演から失踪したゾウガメは「町おこしでわざと逃した」可能性を指摘「あの賑わい方見てると…」

2017.08.22 (Tue)
2017年8月21日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、岡山県の渋川動物公演から失踪したゾウガメについて、「町おこしでわざと逃した」可能性を指摘していた。

伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1
伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1

伊集院光:直径1 mくらいあるゾウガメが、岡山の動物園から逃げ出しました、と。それが、探しても探しても見つかりませんって、凄くないって思って。キーホルダーなくしたのと、わけ違うんだよ(笑)

岡山の広さ…岡山なんてさ、「広島!」に比べたら、「岡山…」だからさ(笑)…何人に反応して欲しくてやってんだよ(笑)このネタは、何人と分かち合いたいんだよ(笑)

岡山、広いですけど。岡山っていう単位の中でのゾウガメがどれくらいか分からないけど。「でもゾウガメ、いなくなる?」って思うじゃん、自分たちからしたら。みんながどんなに探しても見つからないって時に、なにか俺の中で、変なもの。

たまに思う、家の中でなくしたはずのものが、「どんなに探してもない」ってときの、何か「自分がどうかしちゃったんじゃないか?」感みたいな。

確実に、俺のこの部屋の範囲から出てくわけないものが、ここまでキレイに片付けても、出てこないじゃんってあり得ないって時に、苛立ちを超えて、「変なところに入ってきた、変なところに入ってきた」っていう。

寝ぼけて食べたんじゃないか、みたいな感じとか。ある日、CTスキャンしたら直腸あたりに入ってんじゃねぇか、エアコンのリモコン、みたいな時があって。そういう得体の知れない怖さ。

ゾウガメがどっか行っちゃう。あと、専門家の人間が、みんな揃って徹底的に探していないゾウガメって、「本当にいたのか?」みたいな(笑)さらには、ゾウガメが出ていくところが監視カメラで映ってんだよね。警備カメラみたいなのに映ってんだよね。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

伊集院光、長渕剛『BLACK TRAIN』収録のマネージャーに激怒する曲の一節に驚く「北ではミサイルが飛び交って…」

2017.08.22 (Tue)
2017年8月21日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、長渕剛のニューアルバム『BLACK TRAIN』収録の『嘆きのコーヒーサイフォン』で、マネージャーに激怒する内容の歌詞で、その中に「北ではミサイルが飛び交って…」などという一節があることに驚いていた。

BLACK TRAIN
BLACK TRAIN(通常盤)

伊集院光:皆さん、おまたせしました。曲、解禁になりましたんでかけたいと思います。僕からするとですね、「スゲェな、この曲」っていう(笑)

ウチのマネージャーは、聴くとちょっと胃が痛くなっちゃうらしいんですけど(笑)長渕剛、絶賛発売中の『BLACK TRAIN』の中から、『嘆きのコーヒーサイフォン』。

…いいでしょ?(笑)どうかしてる感みたいなのが、途中、出てくるんです(笑)まぁ、それはさ、若いマネージャーついて。俺の場合、今、ついてくれてる今村ちゃんっていうのは、相当できる子だから。基本、俺が怒られる側っちゃあ、怒られる側なのを、向こうが気を遣ってると思うんだけど。

…アイツ、もうホリプロにいねぇからな(笑)アイツの話をしてでも、だからな(笑)あるマネージャーがいて、今、俺の頭に浮かんでるマネージャーに対しては、こういう感じのことを。結局、言えずにここで愚痴ってたけどね(笑)それが優しいのかどうか分からないけどね(笑)

全国に向けての生放送で言うのがいいのか。でも、奴は寝てたから、あんま関係ないんだけど。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

伊集院光、アンタッチャブル山崎弘也が「ザキヤマ」と呼ばれるようになった理由を語る「元々は漫才のネタだった」

2017.08.22 (Tue)
2017年8月21日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、アンタッチャブル・山崎弘也が「ザキヤマ」と呼ばれるようになった理由について、「元々は漫才のネタだった」と語っていた。

伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1
伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1

伊集院光:俺は、山崎のことを「ヤマ、ヤマ」って呼んでて。一番仲のいい(くりぃむしちゅー)有田君は、「ヤンマー、ヤンマー」って呼んでたのに、「お前、いつからザキヤマなんだ?」って。

最近は、それに屈して俺も、世間がみんな「ザキヤマ」って呼ぶから、そう言わないと通じなくなっちゃってんだよ、もはや。俺だけが「ヤマ、ヤマ」って呼んでても。

この番組にはずっと出てて、「ヤマ、ヤマ」って読んでた名残もあるから、「ヤマ、ヤマ」って呼ぶことも多いけど。朝の番組のお知らせとかは、「ゲストに、ザキヤマこと…」って言わないと分からないから。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

伊集院光、ザキヤマが高校野球に関してはピュアであることに驚く「TVでは竹山に霧吹きで水をかけ続けてるお前が(笑)」

2017.08.22 (Tue)
2017年8月21日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、お笑いコンビ・アンタッチャブルのザキヤマが高校野球に関してはピュアであり、「TVでは竹山に霧吹きで水をかけ続けてるお前が(笑)」と驚いたと語っていた。

伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1
伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1

伊集院光:昨日、ザキヤマといけだてつやと、3人で甲子園行って。いけだてつやは、この期間、甲子園に住んでますから。いけだてつや君、高校野球芸人って、甲子園、高校野球に詳しい芸人で。

ザキヤマと、俺で。ザキヤマもオフだっつって、俺もオフだっつって、高校野球を観に行ってんだけど。ザキヤマのピュアさも凄いよ。あの男も、あらゆることに余計なこと言ってくるタイプの人じゃん。見て分かるじゃないですか。アイツ、全てに空気読めないけど、高校野球にだけ、変にピュアで。

これ、勘違いしないでね。みんなの見方があるじゃんって話で、それ、他がおかしいって言ってるんじゃなくて。俺は、逆に俺のピュアさに心打たれてるからね(笑)逆に言うとね(笑)

あと、ピュアさから跳ね返る、俺の他の事柄に関するダメさ(笑)全ての優しくしてくれる人に対して、「俺が今、テレビに出ていない、ただの豚面トラックだった時に、あなたは絶対に手を差し伸べないでしょう」って思ってるからね(笑)
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

伊集院光、仙台育英の打者による大阪桐蔭・一塁手に対する「ラフプレー」を批判する人々に反論「お門違い」

2017.08.22 (Tue)
2017年8月21日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、全国高校野球選手権の仙台育英と大阪桐蔭の試合で、仙台育英の打者による故意の「ラフプレー」があったことにより、大阪桐蔭・一塁手の中川卓也選手がベースを踏むことを躊躇ってしまったのではないか、という批判について、「お門違い」と反論していた。

伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1
伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1

前の記事「伊集院光、大阪桐蔭・一塁手の中川卓也選手が「ベースを踏み直そうとした」ことがセーフとなった要因ではないかと指摘」からの続き。

伊集院光:昔の高校野球よりも、今って、ちょっと高校野球のレベルが上がり過ぎてて。しかも、超名門校の大阪桐蔭って、僕らの頃では考えられない、僕らの頃から観てきた名門校よりも上のレベルで試合をやってるから。

僕らの頃は基本、一塁手はベースの片方を踏んでないとアウトのしようがないから、必ず踏んでおきなさい、と。万が一、くるボールが逸れた時のために、ついてない方の足だけは、どっちにも出せるようにしておくのが基本ですって。

僕みたいな下手くそは、ファーストやってたんですけど、右足踏んで、さらに左足を精一杯早くとりたいから伸ばして待っちゃうと、もう暴投の時に動けないでしょって。それは下手くそのやることです。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

伊集院光、大阪桐蔭・一塁手の中川卓也選手が「ベースを踏み直そうとした」ことがセーフとなった要因ではないかと指摘

2017.08.22 (Tue)
2017年8月21日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、全国高校野球選手権の仙台育英と大阪桐蔭の試合で、大阪桐蔭の勝利目前で「アウト」とはならず「セーフ」となってしまった場面について、大阪桐蔭・一塁手の中川卓也選手が「ベースを踏み直そうとした」ことがその要因ではないかと指摘していた。

伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1
伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1

伊集院光:大阪桐蔭と仙台育英の試合で、後半くらいからテレビで観てたんですけど。最後の山場の凄いところを観てたんですけど。

今、盛り上がってるのは、最後の最後、普通のショートゴロとって、一塁投げて、これアウトで大阪桐蔭が勝ちましたってなるところを、一塁手がベースを踏み損なってて。まさかのセーフになっちゃった、と。

ショートゴロを打った子は、ヘッドスライディングしながら「ああ、終わった。俺が最後のバッターになっちゃった」ってなってんのに、セーフっていうのを聞いて、「ウソでしょ?マジで?」ってなっちゃうくらいの、ほぼアウト。

観てる人が、100人中99人はもうこれで大阪桐蔭の勝ちで、試合終了だって思って。1人は、落としちゃったアイスを残念そうに「ああ、落としちゃったなぁ…で、試合どうなってる?」っていう(笑)

100人に1人そうだとすると、甲子園4万4千人いますから、相当、同時にアイスを落としてるんですけど…こういうのも、今、入れなくていいんじゃねぇかって思うくらい、高校野球に対してまっすぐなんですけどね。

…それが、セーフになりました。その後、なんと大逆転劇みたいな。逆転打が出て、仙台育英がサヨナラ勝ちしました、と。思い起こすと、そこから盛り上がり始めちゃったのが、一塁の子が、「なんでそんなに一塁踏んだらアウトになるのにも関わらず、上手に踏めなかったの?」ってところで、遡って試合の途中に、ラフプレー…って言うと、故意のニオイがしちゃうから、俺はそれを故意だとは思ってないんで。

バッターが打って、一塁に駆け込んだ時に、余裕でアウトなんだけど、タイミングを崩して一塁手と、バッターランナーが交錯しちゃって、脚を思いっきり蹴り上げる形になっちゃって。かなり危ないっていうプレーがあったっていうのを遡って、「あれは、わざとやったんだ」って思ってる人が、「あれがあったから、一塁手はなかなかきちんといつも通りベースが踏めなくて、ああいうことが起こったんだ」みたいなことになり。

「仙台育英のあのプレーは許せない」って。さらに、遡って試合を調べてみると、一塁手と交錯するプレーを、日本文理高校とやったときも、一塁手と交錯するプレーをやってるんじゃねぇかって盛り上がってて。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

伊集院光、ジョギングなどで必死になっている時に「頑張って」と声をかけられることに疑問「頑張ってないように見えますか?」

2017.08.22 (Tue)
2017年8月21日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、ジョギングなどで必死になっている時に、「頑張って」と声をかけられることに疑問を呈していた。

伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1
伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1

伊集院光:高校野球、夏の甲子園大会だけに関しては、俺の心は透き通ってるっていうか。他の全てのことに関して、泥目線ですよ。全て。善意で皆さんがやってくれたことも、なんか穿った目で見てますよ。

たとえば、「穿った目で見てます」って喋った途端に、「どうせ口うるさい誰かが、本来の『穿った目』って言葉の使い方はそうじゃないんですけどね」みたいなことを言ってるに決まってる、くらいの。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力