TOPアッパレやってまーす! ≫ ノンスタ石田、井上のエピソードを話す時に問題となる「ギリギリのところで踏み留まってる」と告白「色々ある」

ノンスタ石田、井上のエピソードを話す時に問題となる「ギリギリのところで踏み留まってる」と告白「色々ある」

2017.03.17 (Fri)
2017年3月15日放送のMBSラジオのラジオ番組『アッパレやってまーす!』(毎週水 22:00-23:30)にて、お笑いコンビ・NON STYLEの石田明が、相方・井上裕介のエピソードを話す時に、問題となる「ギリギリのところで踏み留まってる」と告白していた。

NON STYLE 12 前編 2012年、結成12年を迎えるNON STYLEがやるべき12のこと
NON STYLE 12 前編  ~2012年、結成12年を迎えるNON STYLEがやるべき12のこと~ [DVD]

ケンドーコバヤシ:先週、オープニングトークがリアルタイムでネットニュースなったんでしょ?

石田明:みたいですね(笑)

柏木由紀:ああ(笑)

石田明:開始10分で、ネットニュースになった、と。

筧美和子:早いですねぇ。

石田明:僕としては、スタンスがずっと変わってないんですけど、今やからこそ、これがニュースになるわけで。

向井慧:はい。

石田明:分からないもんですよね。

西川貴教:そうね。

石田明:ギリギリのところで僕、踏みとどまってるんですけどね。

向井慧:はっはっはっ(笑)

石田明:色々あるわけですよ。

ケンドーコバヤシ:今、メイク室の石田が一番オモロイかもな(笑)

向井慧:はっはっはっ(笑)

ケンドーコバヤシ:腹抱えるもんな。

石田明:そうですね(笑)ありがたいことですよ。笑ってもらえるのは。

ケンドーコバヤシ:楽屋で笑わすのも、芸人、大事な一個ですから。

西川貴教:「アイツ、オモロイねん」ってなるもんな。

ケンドーコバヤシ:うん。

石田明:「やっぱりね、トークの精度よりも、やっぱり熱やな」って。

ケンドーコバヤシ:ふふ(笑)

向井慧:感情が乗っかるかどうか(笑)

ケンドーコバヤシ:一緒やな。書道とかでも見るもん、そりゃあ。どんだけノッてるかっていう。

石田明:はい、はい。

西川貴教:筆が走るってことですか。

ケンドーコバヤシ:漫画家の方もおっしゃいます。ホンマの時は、「マジでキャラが動き出す」って。

向井慧:ああ。

ケンドーコバヤシ:自分で考えてた予定と違う話になるって。キャラが勝手な行動をとるって。ノッてる時、そんなんやって。メイク室のお前、ノッてるよ(笑)

石田明:ゾーン入ってる時あります(笑)

ケンドーコバヤシ:はっはっはっ(笑)

西川貴教:縫い目が見えるって言うもんな(笑)


関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : NON,STYLE,井上裕介,石田明,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  アッパレやってまーす!

本日の注目記事