TOPたまむすび ≫ 赤江珠緒、ドラマ『カルテット』で紹介されていた「好きでない人に告白された」時の「S・A・J」三段活用について語る

赤江珠緒、ドラマ『カルテット』で紹介されていた「好きでない人に告白された」時の「S・A・J」三段活用について語る

2017.03.16 (Thu)
2017年3月14日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、フリーキャスター・赤江珠緒が、TBS系のドラマ『カルテット』で紹介されていた、好きでない人に告白されたときの「S・A・J」三段活用について語っていた。

カルテット1
カルテット1

赤江珠緒:今、ドラマで人気の『カルテット』ってあるじゃないですか、TBSの。

山里亮太:うん。いや、大人気だね。

赤江珠緒:あの中で、「好きだよ」と告白された時の「S・A・J」があって。

山里亮太:「S・A・J」って、何?

赤江珠緒:「好きだよ」と言われて、何も好きでない人に言われた場合、「ありがとう」って返すから、「S・A」じゃない?

山里亮太:好きに対して、「ありがとう」って?

赤江珠緒:「ありがとう」と、とにかく返すしか方法がない、と。

山里亮太:ああ。

赤江珠緒:そしたら、そう言った方は、「冗談だよ」って言って、切り返すしかないという。この「S・A・J」しか、この関係をもたせられないでしょ、みたいな話があるんですよ。

山里亮太:ああ。「冗談だよ」で締めくくる。これもそうだ、(バレンタインデーのお返しに対して女性が)「義理なのに、ごめんね」と言ったら。

赤江珠緒:それで、(告白の内容の)手紙を「冗談だよ」みたいな。

山里亮太:ああ、なるほど。「冗談だよ」と。

赤江珠緒:「冗談」みたいな。

山里亮太:うん。

赤江珠緒:切ないね。

山里亮太:切ないよ。

赤江珠緒:ねぇ。

山里亮太:こんな切ないこと、ある?

赤江珠緒:「一言、言っておくべきなのかしら?これ。『義理なのに、ごめんね』」と。

山里亮太:いや、絶対に言わなくて良いと思う。本当にそんなの言われたら、「凄いディフェンス敷かれた」と思って。

赤江珠緒:山ちゃんも、「義理」「義理」って言われたでしょ?(笑)

山里亮太:今日ね、そういえば俺、渡した時にみんなねオーバーに喜ぶわけでもなく、ただ単に、粛々と受け取ってた。「はい、はい」って、パートのおばちゃんに給料を渡すみたいな感じ。

赤江珠緒:「はい、はい。チケットと交換です」みたいな。

山里亮太:俺も恥ずかしい。言った台詞が、「まだ、もらってない人~」って。

赤江珠緒:はっはっはっ(笑)

山里亮太:「はい、はい。ありがとうね、お疲れ様」って。

赤江珠緒:そうですね、確かに。そういう感じで、シンプルに関係性が見えると分かりやすいですね。

山里亮太:そうだなぁ。

赤江珠緒:良いことですね、ウチの職場は。ハッキリしてますわ。

山里亮太:明確(笑)

赤江珠緒:はっはっはっ(笑)


関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 山里亮太,カルテット,赤江珠緒,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび

本日の注目記事