TOPアッパレやってまーす! ≫ 内田理央、『逃げ恥』などの肉食系女子のキャラは「自分と真逆」と明かす「次も、人の男をとりたがる女で(笑)」

内田理央、『逃げ恥』などの肉食系女子のキャラは「自分と真逆」と明かす「次も、人の男をとりたがる女で(笑)」

2017.03.15 (Wed)
2017年3月13日放送のMBSラジオのラジオ番組『アッパレやってまーす!』(毎週月 22:00-23:30)にて、グラビアアイドル・内田理央が、ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』などの肉食系女子のキャラは、「自分と真逆」であると語っていた。

内田理央写真集 だーりおのいっしゅうかん。
内田理央写真集 だーりおのいっしゅうかん。

内田理央:肉食系女子っていうか。その役が、3回連続できてて。

山根良顕:ああ、恋に積極的な、みたいなね。

内田理央:なんか、そういうイメージなのかなって(笑)

濱口優:なんだろう。このラジオのイメージでは、全くないですけどね。

内田理央:でも、3回きたので、連続で。そういうイメージなのかなって。

濱口優:おっとりした話し方やのにな。

内田理央:結構、ギャップが(笑)自分とは、ギャップがあるなって思うんですけど。そう思われてんのかなぁって。なんか、最近。

有野晋哉:ハマるってことはないの?

田中卓志:「見抜かれた」とか、そういう感じ?

内田理央:ふふ(笑)違います(笑)いや、私、ちゃんと自分から恋を叶えられたことないです。

濱口優:肉食じゃないんだ、全然。

内田理央:そう。それくらい言えないんですけど、そういう役がくるから。やっぱり、そう見えるのかなって。

山根良顕:だから、キャスティングしてる人は、ラジオ一個も聴いてないよね。

有野晋哉:ふふ(笑)

濱口優:グラビア観て、他の作品も観て、そっからのオファーやろうな。

内田理央:グラビアとかって、やっぱりそう見えるんですかね?

田中卓志:ああ…

山本彩:でも、静止画だとね、全然違う印象を持たれますよね、やっぱり。

内田理央:そうですよね。

濱口優:たしかに、このラジオでは内田理央ちゃんってグラビアで知ってたけど。

内田理央:はい。

濱口優:もっと、気が強い子やろなって思ったよ。

田中卓志:ああ。

内田理央:たしかに、初めて会う人には、「勝ち気でキツイ、イジメる側」っていうか、そういう風に思ったって言われることが多くて。

濱口優:そのイメージなんやろな。

内田理央:だから私、普段の身のこなし方が悪いのかなって(笑)

田中卓志:そんなことないと思うけど。

濱口優:普段を見てはれへんのちゃう?別にそこじゃないんじゃない?メディアでのイメージなんじゃない?

内田理央:そうなんですかね。

田中卓志:だからあんまり、若い子で悪女みたいなのできる子が少ないんじゃない?意外と。だから、ダーリオが一回、やってOKしてやってくれたってなったら、ポンポンと決まるんじゃない?

内田理央:前に番組で、「自分のいいところがない」って話をしたんですよ。それで弟に「自分のいいところないかな?」って相談したら、「顔じゃない?」って答えられて、ショックだったっていう。自分の中では「他にいいところないんかい」っていう。顔も大したことないのに、自虐的に言ったのも、皆さん、捉え方が全然違ったみたいで(笑)

山本彩:ああ。

濱口優:自分は可愛いって言ってる人みたいな(笑)

内田理央:それもニュースになってて。

有野晋哉:感じ悪くなっちゃう?(笑)

内田理央:感じ悪いっていう。顔デカイっていうのも、このラジオでしか言えない(笑)

有野晋哉:言われる方やもんな(笑)

濱口優:全然違うイメージで進んでってるよ。

有野晋哉:ホンマは、どんな役がいいの?

内田理央:本来の自分は、おどおどしてて。

有野晋哉:綾瀬はるかさんがやりそうな感じのってこと?

濱口優:俺らのイメージやったらな。

内田理央:ズボラ女子みたいな感じが、本物なんですけど。ずっと家にいる、みたいな。

山根良顕:ドラマだと、スゲェ肉食で?

内田理央:次も、人の男をとりたがる女で(笑)

田中卓志:どうすんの?役作り。

内田理央:でも、イメージはできるじゃないですか。

田中卓志:でも、難しいよね。「ヤンキーやれ」って言われても、できないもん(笑)コントでヤンキーやっても、どうも歯がガタガタいっちゃうような(笑)

有野晋哉:面白いヤンキーだから(笑)

内田理央:自分と真逆な役がくることが多くって。

濱口優:でも、面白いんじゃないの?違う自分の。

内田理央: バラエティとかでも、多分、自分本来のことを言っても、違う風に捉えられてるのが…

有野晋哉:そうか、みんな初対面やから。

内田理央:はい。

山根良顕:高飛車な感じで捉えられたりするってことか。

内田理央:その時は、『逃げ恥』で、超ポジティブガールみたいな、ポジティブモンスターっていうのをやってたから、そういう風に捉えられて、なんか「褒め言葉がウザイ」みたいな。

有野晋哉:「肝心なところを、もうちょっと最後まで聞いて欲しかったな」って?(笑)

内田理央:そうなんですよ(笑)って思われてて。そのギャップをどう埋めたらいいか。このまま肉食女子で突き進んだままでいいのかって。

濱口優:いや、絶対に無理やろ(笑)

内田理央:ふふ(笑)

濱口優:こっちから見たら、絶対に無理やろ。どっかでパンクやろ。

内田理央:そうですよね。

濱口優:ウソばっかり言わなアカンから。


関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 内田理央,逃げ恥,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  アッパレやってまーす!

本日の注目記事