TOPナイナイのANN ≫ 岡村隆史、明石家さんまは年に1度「魂抜ける時がある」と明かす「それを魂が天国に行かんように、自分で押さえてる」

岡村隆史、明石家さんまは年に1度「魂抜ける時がある」と明かす「それを魂が天国に行かんように、自分で押さえてる」

2017.03.10 (Fri)
2017年3月9日放送のニッポン放送系のラジオ番組『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(毎週木 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史が、明石家さんまには年に1度、「魂抜ける時がある」と明かしていた。

ナインティナインのオールナイトニッ本 vol.6
ナインティナインのオールナイトニッ本 vol.6 (ヨシモトブックス) (ワニムックシリーズ 207)

岡村隆史:結局、2時間の番組で4時間喋ってはるから、どこを放送されるのか分からないんですけど。(明石家さんまは)1年に1回だけ、魂抜ける時あるんですって(笑)

頭からなんか、出んねんって、ボーッと。「それはアカン、アカン」って思って、頭から出るのを押さえつけはんねんって、自分の手で。

それは多分…僕、それ話を聞いた時に、「多分、それ死ぬ前ですよね?」って。「体が死のうとしてるんです」「多分、そうやと思うねん。それをやな、魂が天国に行かんように、自分で押さえてんねん」って言うて(笑)

分かんねんって(笑)ブワーッと抜けていこうとするの分かるから、自分で押さえはんねんって。ほんで、違うところからまた抜けようとすんねんって。何か卵みたいなんが。

それをガッて押さえ込むことで、「あ、今日も一日頑張った」って。「まだイケた」ってなるらしいねん。

自分でこうやって押さえてはんねんって。ホンマにもう…あの人は「お笑い怪獣、お笑い怪獣」って言うてますけど、とうとうバケモン、第二形態に入ったなって思って。ホンマに。

シン・ゴジラじゃないけど(笑)第一形態でずっときてはったけど、もう第二形態になったわ。もう、最強になったんちゃうかな。あと最後、冷凍するしかないわ(笑)

もう、ホンマに最後は、チャーッて色んな冷凍して固めるしか方法ないと思うな。あのまま、ずーっと暴れ続けるんやと思うで、多分。

いや、もう62?そんなバケモン、いてないで。自分が62まで頑張れるかどうか分からへんけども。分からへんけども、そういう人がいるってことは、自分が限界まで頑張れるようにならなアカンってことなのよ。

だから、どこまで頑張れるかは分からないですけど。色んなところにも目を配ってはるっていうかね。普通にもうお店くる人も、緊張しはるんでしょうね、さんまさん。「うわ、さんまさんや」ってなるじゃないですか。

ほんで、下げていったら、下げるところでガチャーンって音がして、「大丈夫か?」って言って。そんなところまで、全てに目を配ってはりますからね。そういう人と仕事すると、ヒリヒリってするんですよ。


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 岡村隆史,明石家さんま,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ナイナイのANN

本日の注目記事