TOP伊集院光とらじおと ≫ 伊集院光、体調の悪い老犬を救急指定ペット病院に連れて行って驚く「確認事項・契約事項が多くてなかなか治療に入れない」

伊集院光、体調の悪い老犬を救急指定ペット病院に連れて行って驚く「確認事項・契約事項が多くてなかなか治療に入れない」

2017.03.11 (Sat)
2017年3月8日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、体調の悪い老犬を救急指定ペット病院に連れていったところ、「確認事項・契約事項が多くてなかなか治療に入れない」ことに驚いた、と語っていた。

伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1
伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1

伊集院光:ウチで飼っている老犬が…ミニチュアダックスフント、16~7歳、かなり老犬なんですけど。それが、日曜日の夜、急に体調不良で。

吉井歌奈子:夜ですか?

伊集院光:夜、急に。戻したりとかしてさ。

吉井歌奈子:ええ、ええ。

伊集院光:ちょっと、ただ事じゃない感じになっちゃってさ。それで、緊急病院。犬の緊急病院みたいなところに行って。結果、もう全然大丈夫で。

吉井歌奈子:あ、良かった。

伊集院光:そうなんです。「全然、大丈夫」から言わないと、「どうした?伊集院、どうした?」って話にね。

吉井歌奈子:そう、そう(笑)心配になっちゃってね(笑)

伊集院光:すみません、ウチの食い意地の張った犬の心配をかけて、申し訳ないんですけども。

吉井歌奈子:ふふ(笑)

伊集院光:まぁ、大丈夫だったんです。

吉井歌奈子:はい。

伊集院光:たまたま、夜中だったことと、いつもかかりつけのペット病院が、今ちょうど何って言うのかな…年度の変わり目で、人の異動があったりとかで、色んなことをしてて。

吉井歌奈子:うん。

伊集院光:で、上手く連絡がつかなかったりとかして。

吉井歌奈子:あら。

伊集院光:指定の救急ペット病院、みたいなところに行ったの。

吉井歌奈子:はい。

伊集院光:そうしたら、ああいうところにいる人、大変なんだなってことが、まず1つね。

吉井歌奈子:ええ。

伊集院光:こっちは、大慌てで来るじゃないですか。どうなるか分からないから。

吉井歌奈子:うん、うん、そうですよね。

伊集院光:それで、アワアワなってる、こっちは。犬も困ってる。そんな中、「まず、冷静になって下さい。どういうことですか?」って話から始まるのが普通の流れで。

吉井歌奈子:問診ね。

伊集院光:普通の病院と一緒なんだけどさ。世知辛いっちゃ、世知辛いなと思ったのは、いわゆる何っつーのかな、責任の確認、みたいなこととか。たとえば、「これを診た結果、こういう症状だった場合、最低いくら」って。保険がきかないから、犬だから。

吉井歌奈子:ああ。

伊集院光:「最低いくら」から、「色んなことが見つかった場合は最高でいくらくらいかかります」とか。

吉井歌奈子:はい。

伊集院光:あと、どうやっても麻酔との相性とか。ベースとして老犬だから、体力の問題とかがあるから、「こういうことが起こる可能性があります」の一覧を、全部了承してからじゃないと、治療になかなか入れないわけ。

吉井歌奈子:なるほど、はい。

伊集院光:だけど、向こうはプロとして診て。判断するのに、「これくらいの猶予がある」っていう中で、それを言ってくれてるんだろうけど。

吉井歌奈子:うん。

伊集院光:俺からしたら、「とにかく早く」とか思うじゃん。

吉井歌奈子:そうですよね。

伊集院光:きちんとやってくれた結果、元気でいるんだけど。

吉井歌奈子:良かった。


関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 伊集院光,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと

本日の注目記事