TOP土田晃之 日曜のへそ ≫ 土田晃之、『キャプテン翼』舞台化の再現性に不安の声「大丈夫なんだろうか?」

土田晃之、『キャプテン翼』舞台化の再現性に不安の声「大丈夫なんだろうか?」

2017.03.07 (Tue)
2017年3月5日放送のニッポン放送系のラジオ番組『土田晃之 日曜のへそ』(毎週日 12:00-14:00)にて、お笑い芸人・土田晃之が、漫画『キャプテン翼』の舞台化について、「大丈夫なんだろうか?」などと語っていた。

納得させる話力
納得させる話力

土田晃之:『キャプテン翼』、初の舞台化決定というね。僕の気持ちは、どうしたら良いんだかよく分からないんですけど。

オリコンニュースの記事によりますと、連載開始から30年以上が経つ、今もなお多くのファンに愛され続け、国内外のプロサッカー選手に影響を与え続けた高橋陽一氏による名作漫画『キャプテン翼』の舞台化が決定した。Zeppブルーシアター六本木にて、8月18日から9月3日、全23回公演予定で上演するということ。

まぁ、これも元々週刊少年ジャンプから連載されていたものなんですけど、これが舞台化されるということなので。「大丈夫なんだろうか?」という不安はありますね。

デカイ声で言ってしましましたけど、「大丈夫なんだろうか?」と僕は思ってます(笑)本当、ほら映画にするだけでも大変じゃん、アニメの世界観って。特に『キャプテン翼』って言ってもアニメっぽいアクロバティックな部分もありますよ、立花兄弟のスカイラブハリケーンがあったりするんですけど、でもリアルサッカーの話でもあるわけですよ。

これを舞台でまあ、舞台だから大体、2時間くらいでやるわけでしょ?やれるかね?ボールどうするんですか?ボールに、棒をつけてやるんですか?黒子みたいな人が出てきて。

デジタル技術を導入するんですか?デジタル技術で、どうにかなりますか?滝一が、サイドラインをかけあがって、センタリングをあげるって、それをデジタルでやる?大丈夫?オーバーヘッドキックよ。翼君は、18番。ドライブシュートは、シュート打ってCGみたいのでやれるけど、オーバーヘッドなんてどうする?

しかも、あれアニメの時だってあれはスローだからね。黒子4人出てくるでしょそうしたら、主演の子を持ち上げてスローで。そうしたら、ちょっと観たいな、逆に。

俺、ひょっとしたら観に行くかも。基本的にはあまり舞台も観に行かないですし、映画も観に行かないですけど、ちょっとね、『キャプテン翼』は本当にお世話になりましたし、大好きな作品ですから観に行きたいなと思っておりますよ。

本当、だって僕ら世代、僕らの下だったら中田英寿とかも、翼君の影響を受けている。僕と同じ歳の元フランス代表の、今レアルマドリードで監督をやってるジダンも、翼君を観ていましたしね。

だってさ、中東で戦争になってごちゃごちゃして大変だった時も、日本の自衛隊の給水だっけ、給水車でしたよね。給水車とかも、襲われたりする中で、ゲリラとかに翼君の絵を描いたんだよね。それだけで襲われなくなるんだからね、本当、翼君っていうのは凄いですからね。


関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  土田晃之 日曜のへそ

本日の注目記事