TOP爆笑問題の日曜サンデー ≫ 爆笑問題・太田、安倍首相は森友学園についての質問に「ヒステリックに怒鳴るのでなく」しっかり答えて欲しいと要望

爆笑問題・太田、安倍首相は森友学園についての質問に「ヒステリックに怒鳴るのでなく」しっかり答えて欲しいと要望

2017.03.07 (Tue)
2017年3月5日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題の日曜サンデー』(毎週日 13:00-17:00)にて、お笑いコンビ・爆笑問題の太田光が、安倍首相に対し、森友学園に関する野党の追及に対し、「ヒステリックに怒鳴るのではなく」しっかりと答えて欲しいと要望していた。

JUNK 爆笑問題カーボーイ
JUNK 爆笑問題カーボーイ [DVD]

田中裕二:(森友学園の問題で、安倍首相に)かなり厳しい追求が予想されますね。

中村尚登:そうですね。ただ、与党の方は、「これは法的には問題ないんだ。会計検査院が検査をするんだから、その結果を待とうじゃないか」ということなんですね。

田中裕二:うん。

中村尚登:ただ、会計検査院って、お金の使われ方が良かったかどうか、正しかったかって判断はしますけど、実際に、「もしかして政治家とかの働きかけってなかったの?」ってところは関係ないですからね。

田中裕二:うん。

中村尚登:今、そういうのはないって言われてるわけですけども、実際に森友学園側から、鴻池さんの方に、依頼のようなものがあった。本人は、袋に入ったお金を「無礼者」って言って、叩き返したっておっしゃってますけども。

田中裕二:ええ。

中村尚登:それ以外にも、大阪府議のところに働きかけがあったとか、そういう情報もありますんで。「そういうところは、徹底的にやってもらわないことには」ってところがありますよね。

「名前を使われた」ことへの対応


太田光:だから、どんどん、どんどん新たな情報とかも出てきて。

中村尚登:はい。

太田光:発売中の週刊文春なんかも、「私が口利きをした」って、実名で言ってる人も出てきて。あのことなんかも、どうなってんのかなっていうのが、国会ではあまりね、審議されてないし。どんどん、どんどん複雑になっていくと、ますますどこを攻めていいのか。

田中裕二:うん。

太田光:要するに野党側も、見えなくなっちゃうけど、問題はやっぱり理事長。

田中裕二:籠池さんね。

太田光:籠池さんっていう人が、安倍さんがやっぱり、「教育方針に賛同した」って言ってたことは、事実なわけだから、一旦ね。

田中裕二:うん。

太田光:それを断ったけど、「まだ使ってたのは向こうの責任だ」って言うけど、それは明らかにさ、「思想的に私と同じだ」って、思った人であるわけだし、面会もしてるわけだから。

田中裕二:うん。

太田光:それで、断った後にそれをチェックしてないっていうのは、おかしいわけで。総理大臣っていう立場で、自分の名前を使われてたら、それはチェックして、強制的にでもやめさせるべきなんで。

田中裕二:うん。

太田光:なんか、その辺で言い逃れされちゃうと、困っちゃうな。

中村尚登:「法的措置は取らない」って、安倍さんおっしゃってますけどね。だけど、やっぱりそれだけ自分の知らないところで、無断でやられたんだったなら、名誉毀損で。なおかつ一国の首相ですからね。そこはきちんとやって欲しいなって気はしますけどね。

太田光:そうですね。

森友学園の教育方針


中村尚登:今日は、小学校の入学説明会をやってるんですよ。

田中裕二:ああ、そうなんだ。

中村尚登:5組くらいは、見学会に訪れたそうですけど。ただ、今のままでいくと、4月の開校っていうのは、難しい情勢ですね。

田中裕二:今、通ってる子たちもそうですし、今度入る子たちも、予定はそうなっていたから、たしかに急にだと、それはそれで困っちゃいますよね。

太田光:やっぱり、異常ですよ。明らかに。僕なんかはね、日本国憲法、護憲の立場ですけど。じゃそれを、幼稚園ぐらいの子供達に、それをさ、「そういう風になれよ」って、言うかって言ったら、言わないですよ。

田中裕二:それはないですね。

太田光:それは、いくら「愛国心を育てなきゃいけない」って言っても、あの年の子供達に、それを無理やり植えつけるのは、やっぱり異常だと僕は思います。

田中裕二:だって、何も分からないですからね。言われたことを言うだけで。

中村尚登:全部が、そういう考え方が複雑に絡み合ってやってるけど、問題としては、やっぱり一つには、払い下げ価格が正当だったのかという問題と、それから払い下げに関して、政治家や有力者の…役人を含めての口利きがあったのかと。それと別に、心情の問題というかね。

田中裕二:そうですね。

太田光:それは分けてね。

中村尚登:教育基本法に、「特定の政党の支持をしてはいけない」っていうのが法律で決められたりしてるわけですから。「安倍首相バンザイ、頑張れ」っていうのが、果たしていいのかどうか。3つ、やっぱり分けて考えないと、ややこしくなっちゃうんですね。

国会を混乱させた責任


太田光:それと、総理大臣という立場は、国民がこんだけ混乱してるその全てに対する責任っていうのも、総理大臣としてはあると思いますよ、やっぱり。

田中裕二:そうね。

太田光:だから説明するのもさ、ヒステリックに怒鳴ったりとかするんじゃなくてね(笑)もうちょっと協力して、説明して欲しいなと思います。

中村尚登:安倍さんはね、ちゃっと痛いとこ突かれるとね、ちょっとね…

田中裕二:カチンとくるね。

中村尚登:そうそう、わりと気の短い方なんでね(笑)

田中裕二:そういうとこあると思いますけど。でも、これは本当に、ちょっと政局がどうなっていくか。かなりね。夏の選挙とかにも…

中村尚登:先行きの広がり方によっては、影響がありますね。

田中裕二:影響がかなりあるのではないかと思いますね。


関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 爆笑問題,太田光,森友学園,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題の日曜サンデー

本日の注目記事